Robben Island 周辺のホテル

Robben Island のホテルを検索

ロベン島ツアー

ロベン島には、その小さな島の規模からは想像を絶するほど、波乱に満ちた歴史が詰まっています。ケープタウンの沖合い12キロのところにあるロベン島は、石器時代から人が住んだ形跡があり、19世紀から20世紀にかけては、ハンセン病患者が、さらに近年までは政治犯が収容されていました。

ロベン島は、後に南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラ氏が他の3000人以上の政治犯とともに収容されていたことから、その名を良く知られるようになりました。マンデラ氏は、アパルトヘイト政策に抵抗しようとしたことにより、1961年から1991年までここの収容所で過酷な状況に置かれていました。孤立状態にあったこの島へは1980年までケープタウンの人々が訪れることもありませんでした。

ロベン島の周囲は、速い潮流と大西洋から容赦なく打ち寄せる波に洗われた岩場の海岸線により、危険な海域とされており、1世紀ちょっとの間に24隻以上の船が沈没しました。人食いザメのホオジロザメも多く生息しており、ケープタウンから近距離にあるにもかかわらず孤島のような存在でした。

1996年にロベン島国立博物館および文化センターが一般公開されました。このツアーには、ケープタウンからロベン島への30分の船旅、刑務所のガイドツアー、元囚人による解説、ロベン島のその他の史跡へのバスツアーが含まれます。

またロベン島には、アフリカ・ペンギンのコロニーもあります。19世紀に一度この島から姿を消してしまいましたが、1980年代後半に再度ペンギンが持ち込まれた後、繁殖に成功し、現在ではたくさんのペンギンを見ることができます。

ロベン島行きのフェリーは、ヴィクトリア&アルフレッド・ウォーターフロントの時計台前から、午前9時から午後4時の間、1時間に1本の間隔で運行しています。

5つ星のテーブルベイホテルケープタウン(Table Bay Hotel Cape Town )は、ヴィクトリア&アルフレッド・ウォーターフロントの時計台へも徒歩圏内にあるホテルです。客室からはオーシャン・ビューまたはマウンテン・ビューを楽しめます。また毎朝、朝食ビュッフェをお召し上がりいただけます。

Robben Island周辺のホテル

Robben Island hotelsサイトマップをご覧ください。