マラケシュホテル

マラケシュのホテルを検索

マラケシュの魅惑

タジン料理などで、昨今モロッコ料理の人気が高まっています。五感で楽しめるモロッコ料理は、まるでマラケシュの街そのものを表しているかのよう。カサブランカ、ラバトに次ぐモロッコ第三の都市マラケシュ。スピード感に溢れ、コスモポリタンな雰囲気のカサブランカ、首都としての格式、威厳を感じさせるラバトとは、まったく違う時間が流れるマラケシュ。ムラービト朝、ムワッヒド朝、サワド朝など数々の王朝により栄えたマラケシュの街は遥かなる世界へとあなたを導きます。

マラケシュは、人々を惹きつける特殊な媚薬のよう。メディナと呼ばれる旧市街の路地は入り組んでおり、まるで迷宮。香辛料やお香、皮製品などの匂いが漂ってきます。ジャマ エル フナ広場は、旧市街中心部の広場。躍動感溢れるマラケシュの魅力が凝縮されています。アフリカだけではなく、世界各地の文化が交差する場所。ユネスコの世界文化遺産ならびに無形遺産にも登録されています。

混沌として、エネルギッシュな雰囲気がマラケシュの第一印象だとしたら、次に出会うマラケシュの表情は、しっかりと修復、保存された史跡の数々でしょうか。それとも広がりのある郊外の景色、あるいは新しく開発されたエリアでしょうか。美しい宮殿、市場の屋台、緑の美しい庭園、秘密めいたメディナの街角、トレンディなクラブ、美術館など多彩な表情で訪れる人を酔わせる、人口100万人ほどのマラケシュは、まさにモロッコを代表する観光都市といえます。

マラケシュの見どころトップ10

10. マジョレル庭園とイスラム美術館ピエール・ベルジェ&イヴ・サンローラン財団が運営する美しい庭園はまさにオアシス。庭園内にある美術館には、サンローラン氏が所有していたコレクションが所蔵されています。

5. マラケシュ博物館かつての宮殿を利用した博物館は建物そのものもじっくりと鑑賞したい美しさ。優雅な空間で、現代美術などの展示品をゆったりと眺めながらのひとときを。

9. バヒア宮殿19世紀後半に建てられたバヒア宮殿は、当時スルタンと4人の妻、24人の妾が住んでいた贅を尽くした宮殿。

4. メナラ庭園nsマラケシュの西部にあるメナラ庭園は、街中の喧騒を忘れて静かに過ごせる広大な庭園。はるかにアトラス山脈を望むことができます。

8. サアード朝の墳墓群 16世紀後半、サアード朝代々のスルタンが葬られている霊廟。美しいタイルや彫刻の見事な装飾に目を奪われます。

3.アルビン・ユスフ・マドラサ モロッコ最大の伝統あるイスラム神学校。創設は14世紀にまで遡ります。

7. クサール・チャー・バー Ksar Char-Bagh マラケシュ屈指の最高級ホテル。地下にはハマムと呼ばれるトルコ式風呂もあります。

2. クトゥビーヤ モスクは、マラケシュを代表するモスク。 12世紀に建造された尖塔は、傑作です。

6. エル・バディ宮殿遺跡は、かつてサアード朝の王族が暮らした広大な宮殿の廃墟。

1. ジャマ エル フナ広場は、11世紀後半から賑わっていたマラケシュを代表する旧市街にある広場。屋台などが並び、多くの人々でごったがえします。

マラケシュの歴史

  • アルビン・ユスフ・マドラサ – 最古のイスラム神学校のひとつ。132フィートの高さを誇るミナレット(尖塔)が印象的です。
  • バヒア宮殿 – 歴史と信仰、文化の中心となるこの場所では、静寂な時間が流れます。
  • クトゥビーヤ モスクとミナレット – 12世紀建造のモスクには、美しい庭園が併設されています。
  • マラケシュ王宮 –美しい薔薇色の建造物。伝統とモダンが見事に融合したデザインです。
  • エル・バディ宮殿遺跡 –今は遺跡となっている宮殿ですが、外壁はほぼ当時のままの完全な姿で残されています。

マラケシュの芸術と文化

  • マラケシュのメディナ – エンターテイメント、ショッピング、文化体験が一度に楽しめるマラケシュの中心。
  • ジャマ エル フナ広場 – マラケシュの中央広場。蛇使いから猿の芸まで、さまざまな大道芸が見られ、いつも人々でごった返しています。
  • メゾン・ティスキウィン – 貴重な芸術作品や美しい工芸品のコレクションが素晴らしい個人の邸宅を利用した美術館。
  • モロッコ美術館 – Ba Ahmed の兄弟の邸宅だった建物を利用した美術館。木工芸品などの作品が充実しています。
  • ダール・シェリファ – モロッコ国内および諸外国のアーティストによる作品が展示されているエキシビション・スペース。

マラケシュのショッピング

  • Centre Artisanal – 工芸品などのお土産を定価で買える、ぜひ押さえておきたいお店。
  • Dar Nejjarine Carpets – 美しい絨毯が揃うお店。小さく折りたためるものは持ち帰るのにも便利。
  • スーク – モロッコの伝統的な衣装ジュラバやカフタンをはじめ、革製品などを買うことができます。
  • Jars and Jars – コスメ、オイル、スパイスなどの品揃えが豊富。
  • Librairie Chater – 写真集、ガイドブック、地図、小説、絵葉書、画材、文具などを探しているなら、迷わずここへ。

マラケシュのゲイ &レズビアン・シーン

  • Comptoir Darna – ゲイ、ストレートが程よく混在しているクラブ。地元、旅行者どちらからも絶大な支持を得ています。
  • Le Diamant Noir – ゲイシーンが熱いマラケシュの王道クラブ。
  • Pacha Marrakech – 国際色豊かなクラブ。一晩中盛り上がります。
  • Ryad Dyor – 同性カップル向けのエレガントなホテル
  • Dar Ayniwen – マラケシュの中心、美しい庭園を備えた豪華ホテル。ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどのゲストにおすすめ。

マラケシュの各地区

  

メディナメディナと呼ばれるマラケシュの旧市街は、1985年にユネスコ世界遺産に登録されました。北アフリカのイスラム文化をを代表する建造物、クトゥビーヤ モスクのミナレット(尖塔)は、1000年近くもの歴史を誇ります。尖塔の上からは、メディナの絶景を眺めることができます。ジャマ エル フナ広場を中心とするメディナは、エキゾチックな雰囲気が漂い、秘密めいた路地や酒場(イスラム教国でありながら、都市部において、外国人の飲酒には比較的寛容)、商店、リヤドと呼ばれるモロッコ様式のホテルなどが集まっています。

マラケシュのスーク(市場)ジャマ エル フナ広場の北側に広がるスーク。アラブ文化の真髄はここにある、といってもいいでしょう。スークは、たくさんの観光客や、ビジネスチャンスをつかもうとする商人、好奇心いっぱいの地元民などで、いつも混み合っています。 簡単に迷子になってしまう入り組んだ通路のスークは、カメラを向けたくなるような風景の宝庫。まるで別の時間が流れているようです。

ダル エル バシャ地区スークとレストランやリヤドが集中すバブ・ドゥカラの間に位置するエリア。メディナや西部のギリーズへのアクセスも便利です。

カスバ地区マラケシュのカスバ地区は、王宮やエルバディ宮殿遺跡、アグダル庭園、 メラーと呼ばれるユダヤ人街など、歴史を感じさせるエリアです。

ヌーベル・ヴィル/ギリーズは、かつてフランスの保護領だった地区です。現在では、新しく開発が進み、古くから栄えているメディナとはまったく別の様相を見せています。ジャマ エル フナ広場やスークの喧騒とは異なる、交通、ビジネス、商業、文化、不動産などにおける現代のマラケシュの中心といってよいでしょう。マラケシュきってのレストラン、ショップ、マーケットなども集まっています。

イヴェルナージュ地区は、ヌーベル・ヴィルの南東に位置する小さなエリアながら、高級ホテルやリゾートの開発が盛んです。

パルミレは、高級住宅街。政治家や成功したビジネスマンの邸宅や、外国人の別荘などが並びます。ゴルフコースと美しいヴィラに象徴される憧れのエリアです。

Daoudiateは、ジャマ エル フナ広場の北4.5キロほどのところにある、マラケシュの 中産階級が住む平均的な住宅街です。旧市街ほどの喧騒もなく、かといってギリーズほど洗練され、コスモポリタンな雰囲気にあふれているわけでもないこのエリア。マジョレル庭園以外には、特に観光名所はありませんが、地元の人々の日常を垣間見ることができるでしょう。

マラケシュのダイニングシーン

モロッコでの楽しみのひとつが、その豊かな食文化。メディナの屋台から、ヌーベル・ヴィル地区にあるミシュランガイド掲載のレストランまで、食べ歩きをとことん楽しみましょう。

ジャマ エル フナ広場の屋台手軽に、安く、おいしい料理やスナックを味わうなら、まずここへ。たくさんある屋台のうち、どれを試そうか、迷ってしまいそうです。

Niagara (31 Centre en-Nakhi, Nouvelle Ville, Rte de Targa) 釜で焼き上げたピザが自慢の店。ヌーベル・ヴィルにあり、テラス席が人気。

Dar es Salam (170 Rue Riad Zitoun el-Kedim) ヒッチコック監督の知りすぎていた男の撮影にも使われた、かつての宮殿を利用した豪華なレストラン。

Kechmara (3 Rue de la Liberté, Gueliz) サンドウィッチやサラダ、コーヒーなどの軽食、飲みものを楽しめるおしゃれなカフェ。

Ksar Essaoussan (3 Derb El Messaoudyenne)は、週日はゆったりロマンティックに、週末は賑やかな雰囲気のレストラン。気分にあわせて、お出かけください。

Alizia (Rue Echouhada, Nouvelle Ville)は、素敵なガーデンテラスを併設した地中海料理のレストラン。

Patisserie al Jawda

(11 Rue de la Liberté, Nouvelle Ville) 甘党なら、必ずチェックしておきたいのがここ。伝統的なモロッコ菓子を思う存分味わってください。

La Table du Marché (4 Rue de Temple, Hivernage) は、ホテル、レストラン経営者として成功しているクリストファー・ルロワが手がけたとっておきのレストラン。

Lolo Quoi (82 Ave Hassan II, Nouvelle Ville) は、おしゃれな雰囲気で、旬の食材を活かしたメニューを味わえるお店。

Tangia (14 Derb Jedid Mellah) タジン料理が有名なお店。調理法にはこだわりがあります。

マラケシュ・イベント

マラケシュのアート&カルチャーイベントは、華やか。

ナショナル・フェスティバル・オブ・ポピュラーは、1954年、ムハンマド王の呼びかけによりはじまった、モロッコの伝統と誇りをアピールするフェスティバル。毎年6月、7月に行われ、国中からマラケシュへ大勢の人々が集まってきます。

インターナショナル・コンテンポラリー・ダンス・フェスティバルは、1月に開催されます。パフォーマンスやワークショップでいっぱいのこのイベント、振り付け師、ダンサー、そして観客すべてが熱くなります。

マラケシュ国際映画祭は、毎年12月に開催され、多岐にわたるモロッコ映画を鑑賞できるまたとない機会。

国際演劇フェスティバルは、マラケシュの比較的新しいイベント。世界中から演劇関係者が集まり、公演や会議などが行われます。開催は5月。

SUN ナショナル・ユース&ミュージックフェスティバルは、マラケシュだけではなく、モロッコ全土、また諸外国から若手のミュージシャンが集う音楽祭。

旅のベストシーズン

暑さと乾燥に耐えられないというのでなければ、マラケシュにオフシーズンはありません。 一年を通して、比較的過ごしやすい気候のマラケシュですが、4月には、時として砂嵐が、6月には砂漠に強風が吹くことがあります。7月後半から8月にかけては、蒸し暑い日々が続きます。

春と秋がやはりベストシーズンと言えるでしょう。イギリスやヨーロッパのピークシーズンから外れるだけではなく、10℃から25℃と過ごしやすい気温です。日も長く、メディナを歩き回るのにも好都合です。

旅をもっと楽しむために

混乱と喧騒が予想されるジャマ・エル・フナ広場には、心して向かいましょう。観光客を狙う強引な物売りなどもいて、疲れるかもしれませんが、北アフリカきってのこの広場を見逃すのはあまりにも惜しいといえます。十分な注意を払って、この体験を楽しみましょう。

さまざまなアクティビティの客引きも寄ってきます。砂漠でラクダに乗ってみる体験や、皮製品の競売、豪華なグルメディナー、バラディーと呼ばれるベリーダンス・ショーなど、さまざまな誘いの声がかかるでしょう。黄金のルールは、客引きがしつこかったり、強引なほど、アクティビティそのものにはがっかりすることが多いということ。常識とカンをうまく働かせて、上手にアクティビティを選択してください。

スークでは、もちろん値段の交渉を忘れずに。あっという間に半額になることもありますが、それが実際の適正価格に近い、と言っていいでしょう。もし割引を渋られた場合には、あっさり立ち去ってみましょう。慌てて追いかけてくるかもしれません。タクシー乗車の場合も、事前の運賃交渉、確認を怠らずに。そうしないと、後で泣きを見る羽目に陥るかもしれません。

マラケシュを巡るには

マラケシュ・メナラ空港は、ヨーロッパ、北アフリカ、そして中近東の各地への便を中心に就航しており、年間300万人近くの乗客数があります。ロンドン・ガトウィック空港、ロンドン・ヒースロー空港、パリ・オルリー空港、パリ・シャルル・ド・ゴール空港、アムステルダム、バルセロナ、ブリュッセル、フランクフルト、ミラノ、ローマ、ウィーンなどが代表的な就航先です。ロイヤル・エア・モロッコは、モロッコのフラッグ・キャリアとなる航空会社で、国際線、国内線ともに路線が充実しています。

マラケシュから、カサブランカ、エッサウィラ、フェズ、メクネス、ラバト、サレ、タンジールなど、モロッコ各地への快適な、長距離バスの便があります。また列車の旅も、便利かつ利用しやすい料金が魅力です。マラケシュは、モロッコの主要都市のなかでは、最南端のターミナルシティで、ギリーズ地区にある中央駅から、各地へ旅立つことができます。

マラケシュ市内では、たとえばほとんど車の乗り入れが禁止されているメディナなどは、徒歩で観光することになります。郊外へ足を延ばす場合には、交通機関や道路状況などについて、少し調べておきましょう。市内の一部には、市バスの路線があります。タクシーには、いわゆるミニタクといわれるものと、ベンツなどの車両を利用したグランドタクシーというものの、2種類があります。またタクシー乗車の際は、運転手がきちんとメーターを倒しているか確認しましょう。またレンタカー会社でレンタカーを借り、適正料金で、ドライバーも同時に手配してもらう、ということもできます。

マラケシュ
インフォメーション

モロッコ中央部にある薔薇色の街マラケシュは、狭い路地が複雑に入り組み、混沌とした様相を見せています。街のざわめきや香辛料の匂い、そして昔から続く伝統的な市場スークなど、独特の世界に魅せられるでしょう。近年マラケシュは投資と開発が進みましたが、昔ながらのマラケシュ特有の魅力は損なわれていません。100万都市のマラケシュですが、古き良きモロッコがまだまだ残っています。

旧市街メディナでのマラケシュの生活は、ジャマエルフナ市場(Djemaa el Fna market)とジャマエルフナ広場(Djemaa el Fna square)を中心に 力強く営まれています。マラケシュ観光の基点としても便利なこの大きな広場では、大道芸が繰り広げられ、様々な食べ物、飲み物の屋台が並び、多くの人で賑わっています。まさにマラケシュにいることを実感させてくれる場所といえるでしょう。観光名所にも事欠かないマラケシュ。宮殿、モスク、霊廟、庭園、博物館などたくさんのみどころがあります。マラケッシュでの観光には十分な時間の余裕をみてください。

みどころ

  • クトゥービア・モスク(Koutoubia Mosque)
  • ブン・ユースフ・マドラサ(Ben Youssef Medrassa)
  • エル・バディ宮殿(El Badi Palace)
  • バイーヤ宮殿(Bahia Palace)
  • マラケシュ博物館(Museum of Marrakech)

イベント

  • ポップアートフェスティバル(National Festival of Popular Arts)
  • ナツメヤシ祭り(Date Festival)
  • マラケシュ映画祭(Marrakech Film Festival)
  • ラクダフェスティバル&フェア(Camel Festival and Fair)
  • バラ祭り(Rose Festival)

レストラン

  • Dar Moha
  • Al Fassia
  • Le Comptoir
  • Jnane Tamsna
  • Le Grand Café de la Poste

ナイトライフ

  • Café Arabe
  • Kosy Bar
  • Diamant Noir
  • Théâtro
  • Pacha

気候

  • 夏の乾燥した暑さを厭わないなら、マラケッシュを訪れるのに避けたほうがいい時期というのは特にありません。年間を通して、過ごしやすい気候といえます。
  • 冬 (12月~2月) 6-19°C
  • 春 (3月~5月) 10-27°C
  • 夏 (6月~9月) 17-36°C
  • 秋(10月~11月) 11-27°C

マラケシュのホテル

マラケシュのお勧めホテル

1 Kenzi Club Agdal Medina All Inclusive

5つ星
4.2 (5点満点)

Avenue Mohamed VI Zone Touriqtique Agdal 地図

Marrakechにある当 5つ星ホテルでは、テニスコート、スパ、ゲスト用ランドリーをはじめとするアメニティをご用意して、お客様をお迎えしています。 ホテル内に、バー/ラウンジとレストランもございます。 すべてのお客様に、Kenzi Club Agdal Medina All Inclusiveの無料駐車場がご利用いただけます。 ロケーション Marrakech... 詳細

2 ホテルケンジファラー

5つ星
3.3 (5点満点)

アベニュー·デュ·ケネディ大統領, マラケシュ, モロッコ 地図

ケンジ・ファラー・ホテル・マラケシュ(Kenzi Farah Hotel Marrakech)は、上質のサービスをご提供している明るい雰囲気 のホテルです。4ヘクタールに広がる椰子の木のプランテーションに囲まれた当ホテルは、ビジネスや観光でお越しのお客様の滞在拠点としてお薦めです。 ... 詳細

3 Adama Hotel Marrakech

5つ星
4.3 (5点満点)

Route D'Amizmiz Km7.5 地図

Adama Hotel Marrakechは、5つ星ホテルで、バー/ラウンジ、レストラン、ランドリーサービスをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 バー/ラウンジでは、お飲物を召し上がりながらお寛ぎください。 ロケーション Adama Hotel Marrakech は、Marrakechの 5つ星ホテルで、Medersa Ben Youssef、Palais de... 詳細

4 Hotel Dellarosa

4つ星
3.8 (5点満点)

5 Avenue Moulay El Hassan 地図

Hotel Dellarosaは、4つ星ホテルで、バー/ラウンジ、レストラン、ランドリーサービス、通貨両替サービスをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 出張・ビジネスのお客様には、 ビジネスセンターなどをご活用いただけます。 バー/ラウンジでは、お飲物を召し上がりながらお寛ぎください。 ロケーション Marrakech のHotel Dellarosa... 詳細

5 Riad Shaloma

4つ星
4.1 (5点満点)

120 Bis Derb Ahel Souss Berrima , Medina 地図

Riad Shaloma では、 無料インターネット接続などのサービス・アメニティをご提供しています。 ロケーション Marrakechにある当4つ星ホテルの近隣には、 Medersa Ben YoussefとPalais de la Bahiaがあります。 Riad Shaloma は、Tombeaux saadiens、Museum de... 詳細

6 Riad Dar Baraka & Karam

3つ星
レビューはありません。

11 Derb Halfaoui Bab Doukkla 地図

ホテル内に、レストランもございます。 ご宿泊の際には、24時間ルームサービスがご利用いただけます。 ロケーション Marrakechにある当3つ星ホテルの近隣には、 Medersa Ben Youssefとマジョレル庭園があります。 詳細

7 リウティキダパルメライエオールインクルーシブ

4つ星
4.4 (5点満点)

ルートフェスキロ6, マラケシュ, モロッコ 地図

'Riu Tikida Palmeraie All Inclusive は、レストランなどの設備が整った4つ星ホテルです。 プールなどの設備・サービスもご利用いただけます。 ロケーション Marrakechにある当4つ星ホテルの近隣には、 Royal Golf of Marrakechとリヤド ル ジャルダン ダブドーがあります。 Riu Tikida... 詳細

8 Adam Park Marrakech Hotel and Spa

5つ星
3.0 (5点満点)

Zone Touristique Agdal 地図

Marrakechにある当 5つ星ホテルでは、スパをはじめとするアメニティをご用意して、お客様をお迎えしています。 ホテル内に、バー/ラウンジとレストランもございます。 ご宿泊の際には、24時間ルームサービスがご利用いただけます。 すべてのお客様に、Adam Park Marrakech Hotel and Spaのワイヤレス... 詳細

9 Hivernage Boutique Hotel And Spa

5つ星
4.0 (5点満点)

Angle avenue Echouhada et rue des Temples 40 000 Marrakech - Maroc 地図

Hivernage Boutique Hotel And Spaは、5つ星ホテルで、プールとレストランをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 出張・ビジネスのお客様には、 ビジネスセンターなどをご活用いただけます。 ロケーション Hivernage Boutique Hotel And Spa は、Marrakechの 5つ星ホテルで、Medersa Ben... 詳細

10 Riad Picolina

4つ星
3.8 (5点満点)

56 , Derb sidi Lahcen ou Ali 地図

Riad Picolinaは、4つ星ホテルで、プールとレストランをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 ロケーション Marrakech のRiad Picolina は、Medersa Ben YoussefとPalais de la Bahiaの近くに位置しています。 ホテル周辺には Menara Gardens、Tombeaux saadiens、Museum... 詳細