リオデジャネイロホテル

リオデジャネイロのホテルを検索

リオデジャネイロ

リオデジャネイロは、喩えていえば砂糖漬のサクランボです。赤くて小さくてケーキの上にちょこんと載っているから、というわけではありません。つまり魅力的なルックスについ気をとられて、中身のおいしさを忘れてしまいがちになるということです。

サンバのリズムと陽気なフェスティバルは、氷山の一角にすぎません。よりディープなリオデジャネイロを体験したい旅行者にこの街は、豊かな歴史と文化のドラマを次々に展開してくれます。

さてリオデジャネイロに飛行機が近づくと、豊かな土地の恵みに育てられた美しい街並みが窓外に見えてきます。バラ・ダ・チジューカレブロン、そしてハラハラしながらケーブルカーに乗ってシュガーローフ・マウンテンへ。ヴィクトリア朝様式の家並みが美しいサンタ・テレサは、すぐそこまで迫る熱帯雨林に今にも飲み込まれるのではと思うほど。自然と人が呼応しあい、調和する様は実に壮観です。

飛行機が滑走路に触れると、胸騒ぎがするでしょう。アトランティカ通りに居を構える富裕層から、丘を埋めるように広がるファヴェーラ--スラム街の人々まで、多種多様な人々がリオデジャネイロという街を形づくっています。色々なものが雑然と入り混じった、この混沌こそが(平等という言葉はひとまず忘れて)、リオデジャネイロの熱い息吹の根源なのかもしれません。

リオデジャネイロ見どころトップ10

10. サンタ・テレサ 立ち並ぶお屋敷やカフェ、石畳の路など、まるで19世紀の世界に迷い込んでしまったような場所です。

5. イパネマビーチ 街路樹に囲まれた通りや高級ブティック、おしゃれなバーなどがあり、リッチな人々が集まる海岸エリア。ボサノバの名曲「イパネマの娘」で有名になりました。

9. ラパ 以前は風俗店が多かったこのエリアは、現在ではサンバのメッカとなっています。

4. 植物園(ボタニカルガーデン) 7000種を超える珍しい草花、140種の鳥類が見られる世界でもっとも美しい庭園のひとつ。

8. ヒッピーフェア クラフトマーケットは、イパネマにあります。 観光客向けの露天市場ですが、結構、珍しいものもあります。

3. サンボドロモ リオデジャネイロ は、リオのカーニバルが行われる会場です。

7. チジュカ国立公園 46平方マイルの熱帯雨林がある同公園は、都市のなかにある自然保護区としては全世界最大規模。

2. コルコバードのキリスト像 丘の上からリオの街を見守るキリスト像。世界に知られるリオデジャネイロのシンボルです。

6. エスタジオ・ド・マラカナン リオに来たら、サッカーの試合を見ずしては帰れません。この世界最大規模のサッカースタジアムは、ロナウドやパレを生んだサッカーの聖地です。

1. コパカバーナ海岸 世界でもっとも有名なビーチといっても過言ではないでしょう。美しい海水浴客たち(中には有名人も)、数多くのレストランや様々なアクティビティを楽しんでください。

リオデジャネイロのエリア情報

セントロ(中心部)

植民地時代に建設された街並みが残るこのエリアは、今では金融街となっています。近代的なビルに混じって、植民地時代の壮麗な教会もあります。古いものと新しいものが入り混じったりセントロは、リオの空を支配する高層ビルとファベーラの激しい対比と同様、極端なコントラストを呈しています。

市庁舎に行き市議会を傍聴したり、国会図書館のガイド着きツアーに参加して世界で8番目に大きな図書館内を見学しましょう。次はサンセバスチャンにある、メトロポリタン大聖堂へ。中に入ると、聳え立つステンドグラスの圧倒的な美しさに胸を打たれます。国立美術館も、ぜひ立ち寄りたい見どころです。ルーブル美術館に倣って建設された同美術館では、世界各地の有名美術館収蔵の美術コレクションを展示する特別展をしばしば開催しています。

南地区

リオデジャネイロの南地区には美しいビーチがたくさんあり、緑豊かな住宅地に囲まれています。リオデジャネイロといったらほとんどの人が思い浮かべるのが、南地区のビーチエリアでしょう。びっくりするほどの豪邸があるのもこの一帯です。

リオデジャネイロはビーチからすぐ近くに丘が盛り上がっており、最も高いペドラ・ダ・ガヴェアは海抜842メートルもあります。都市近郊の森林公園としては世界最大のチジュカの森もありますので、ハンググライディングを試してみては。切り立つシュガーローフマウンテンの威容は、空の上から見るのがもっとも迫力あります。

北地区

空路なら、北地区がリオデジャネイロの玄関口です。国際空港 は、空港バーやベルトコンベヤー(こういうものに興味がある人もいるかもしれません)以外にはこれといって見どころはありません。が、一歩外に出れば、見応えのある観光スポットがあります。

たとえばリオデジャネイロ州立大学。ブラジルきっての秀才たちが、明るく持続性のある未来を築くために勉学に励んでいます。北地区には、サッカーファンなら誰でも知っているマラカナン・スタジアム(エスタジオ・ド・マラカナン)もあります。2014年FIFAワールドカップの会場に決まっているほか、2016年には夏季オリンピックの開会式と閉会式がここでとりおこなわれる予定です。リオデジャネイロの存在感は、国際社会のなかでますます高まりそうです。

西地区

2016年リオデジャネイロ・オリンピックに向けて建設・開発ラッシュに沸く西地区は、新興富裕層たちが好んで居を構えるエリアです。ほとんどは住宅地と工業地ですが、バラ・ダ・チジューカのビーチは、観光客を避ける地元の人々に人気が高まっています。ローカルな体験をお望みなら、こちらに行くのがいいかもしれません。

リオデジャネイロのダイニング・セレクション

リオのナイトライフは格別です。パーティ気分はもっとも真面目に見える人々にも浸透しているようで、街中が活気に溢れ、ビーチから周辺の丘にいたるまで熱いエネルギーが躍動しています。ここはどんな人でも楽しめる街。主にポルトガル料理をベースにしたヨーロッパ料理とラテンアメリカ料理が融合したフュージョン料理には、たいてい地元産の野菜とシーフードがふんだんに使われています。

Antiquarius伝統的なポルトガル料理の名店。Bacalhau a Lagareiro(バカラウ・ア・ラガレイロ(干したらのグリル・ラガレイ風)は、人気メニューのひとつ。ぜひご賞味ください。Lagoa

Academia de Cachaca 500種類超のドリンク・メニューがあるこのバーは、いつもカーニバルのよう。料理も、周辺のレストランに勝るとも劣りません。 Leblon

Aprazivel 気さくでアットホーム、そして地元ブラジル料理の組み合わせに敵うものはありません。Santa Teresa

Rio Scenarium 昔の倉庫を改装した全3階の店内には、キッチュな小物や映画撮影の小道具が飾られています。バーにはリオ社交界の様々な面々が。Centro

Roberta Sudbrack リオデジャネイロでは、ささっと食事を済ませるなんて無粋なことはやめておきましょう。何種類もの料理をコースで味わうデガステーションこそが、リオにはぴったりです。この店は、3年連続ベスト・コンテンポラリー・キュイジーヌに選ばれています。その日手に入った地元の食材によって変わるメニューは、シンプルでありつつ、豊かなフレーバーを大切にしています。 Lagoa

Garota de Ipanema その名も『イパネマの娘』というポルトガル料理のレストラン。この店にちなんで曲名をつけたわけではありませんが、曲の楽譜が壁に展示されています。冷たいビールと潮風を楽しむには市内随一の場所です。Ipanema

Café Lamas シンプルな内装の店ですが、常連客の中には、ブラジルの有名人たち…映画俳優、文学者、大統領など錚々たる顔ぶれも。Botafogo

The Week リオ最大のナイトクラブは、昔の宮殿のなかにあります。世界有数のバンドが出演することもり、2つのフロアにダンスフロアがあります。踊り疲れたら建物の外にある庭園やプールで、ひと休み。Centro

リオデジャネイロのイベント

ニューイヤーズ・イブ(大晦日)には、コパカバーナ海岸には250万人以上の人々が集い、世界的に有名なバンドの演奏を聞きながらパーティを楽しみます。

キリスト教行事のひとつ レント(四旬説)の前には、カーニバルで思いきり盛り上がります。輝くライトときらびやかなコスチューム、鳴り響くドラムの鼓動…これこそリオデジャネイロです。

リオ・サーキット は、ブラジル最大の自転車レースです。海岸線、丘、市街地とリオの市街を縦横に走るコース。国内外からサイクリストたちが多数参加します。

毎日7月16~24日の間には、軍人スポーツ選手のための競技大会、ワールドミリタリーゲームズがあり、2011年の夏季大会はリオデジャネイロが開催地となりました。この大会は戦争とはまったく関係なく、参加する軍人たちはそれぞれの国の誇りをかけてスポーツの技を競い合います。

毎年8月、ブラジルの先住民族の文化と神話を称える フォークロア・デイ が開かれます。

9月7日は、ポルトガルからの独立を祝すブラジル独立記念日ですが、いつものリオのお祭りスタイルとは趣がやや異なります。通りには人が溢れ、あちこちでパーティが開かれていますが、この日ばかりは国の歴史がテーマです。

リオのクリスマス – クリスマスを祝う気持ちに変わりはないけれど、トロピカルな気候のもとでのクリスマスというのは、かなり不思議。キラキラの飾りやサンタクロースが下げられたヤシのなど…これが、南国のクリスマスです。

旅のベストシーズン

• クリスマスから2月の終わりまでが夏のホリデーシーズンです。つまり多くの会社やお店が閉まっているということ。のんびりしたムードの中での観光は、いつもより深く物事が楽しめるという利点もあります。

カーニバルを狙うなら2月の後半が旅のタイミングです。世界でもっとも電光きらめくお祭りです。

冬は一年の中ごろにやって来ますが、といっても日本の冬とは大違い。時々、曇ったり雨の日がある程度ですから、それほど敬遠する必要もないでしょう。ただかなり天候が荒れた時はビーチに行くのは無理。

旅の注意点

空港で呼び込みをしている、不認可のタクシー、いわゆる白タクは法外な値段を要求することで知られています。ご注意。流しのタクシーを利用するときは、政府認可を受けた金とオレンジ色の塗装のタクシーを拾ってください。

ビーチでは、周りに合わせることより快適性を優先してください。普段トランクス・タイプの水着を着用しているなら、それを着けることをお勧めします。スピードの水着姿でぎこちなく振舞うのは、あなた自身にとっても、同行者にとってもかえって気恥ずかしいもの。

市の郊外は、貧困層が多いことで知られています。スラム街であるフェヴェーラに足を踏み入れて、本物のリオデジャネイロを体験したいと思うかもしれませんが、こうした地域は犯罪組織や麻薬密売組織により牛耳られており、大変危険です。誘拐、強盗が頻繁に発生しています。

交通案内

徒歩 – は、リオの街に親しむには一番の交通手段です。歩きやすいクツと好奇心、そして汗をかく心の用意さえあれば、素顔の街を見ることができるでしょう。

タクシー – リオデジャネイロの政府認可タクシーはゴールドとオレンジに塗装されています。自由に動き回るにはもっとも安価な交通手段と言えましょう。流しのタクシーは、市内のいたるところで見かけます。料金にはかなりのサービス料が上乗せされているので、チップの払い過ぎは禁物です。

地下鉄 –比較的新しく、安全で信頼性が高い地下鉄は、もっとも快適な足と言えましょう。

リオデジャネイロ
インフォメーション

情熱的で魅惑的、リオデジャネイロはサンバのリズムに揺れ、奔放な多民族のバイブに脈動します。セクシーなイパネマの海岸から野生的なナイトライフ、きらびやかなフェスティバル、気取らないオープンな文化まで、この町は測り知れない過剰なほどの楽しさを提供してくれます。

1200万人以上の人口のリオの町は、驚異的なエンタープライズです。豪華さと贅沢の頂点のすぐ隣に恥ずべきスラムや貧困街があったりします。このコントラストは地形にも密接に関係しています。都市のスプロール現象は、ポン・ジ・アスーカル(Pão de Açúcar)とコルコバード(Corcovado)の広大な森林と緑豊かな山脈に広がっており、グアナバラ湾(Guanabara Bay)と大西洋の海岸が境界線となっています。

みどころ

新・世界七不思議(New Wonder of the World)であるコルコバードのキリスト像(Christ the Redeemer)は、慈悲と優雅さをもってリオデジャネイロの町を見下ろしています。チジュカ国立公園(Tijuca Forest National Park)の、コルコバード山頂上にあるコンクリートとソープストーンの彫刻は、ブラジルのアイコンとなっています。

リオの南地区は、市内でも裕福な人々が住むエリアで、世界でも上位にランクされるアーバン・ビーチフロントが広がっています。大西洋の海岸沿いのイパネマやコパカバーナはビーチの名前として実に有名ですが、グアナバラ湾側のボタフォゴ(Botafogo) も疑いなく美しい海岸です。

リオのダウンタウンは、金融・歴史の中心部となっています。過剰なほどのベルエポックやコロニアル時代の建築物で、このエリアにいると過去に逆戻りした気分になります。主なみどころとしては、素晴らしい国立美術館(National Museum of Fine Arts)や国立歴史博物館(National Historical Museum of Brazil)、南アメリカでも卓越したシティ公園 、パッセイオ・プーブリコ(Passeio Público)などがあります。セントラル地区のローマカトリック教の砦には、バロック様式のカンデラリア聖堂(Candelária Church)からオールド・コロニアル大聖堂(Old Colonial Cathedral)まで、印象的な大聖堂が見られます。リオデジャネイロ大聖堂(Rio de Janeiro Cathedral)は、その円錐型の比類な様相が町の景観を特徴付けています。

シュガーローフ(Sugar Loaf)とも呼ばれる、ポン・ジ・アスーカル(Pão de Açúcar)の頂上へのケーブルカーは気弱な人向けではないかもしれませんが、もし高さに耐えられるのであれば、乗ってみる価値があります。イパネマやリオの周辺の素晴らしい景観を眺望できます。遊歩道もあるので山の散策も楽しめます。

イベント

リオデジャネイロとカーニバルは同義語になっていると言っていいでしょう。受難節の到来を特徴付ける世界で初めてのイベントは、灰の水曜日の4日前の2月に開かれ、目まぐるしく変わるパレードは何百人もの人を惹きつけます。芝居がかったカーニバルの大騒ぎは、あからさまで実に世俗的、恥ずかしがり屋の人向けではありません。

サッカー(Futebol )がブラジルの国家的情熱であることは、あまりにも有名です。リオでもスポーツは人気があり、5つのクラブが献身的ファンのために競います。リオでは フラメンコ(Flamenga)も抜きん出て人気があります。世界中にファンが4千万人以上おり、9万5千人の観衆を収容できるマラカナ競技場(Estádio do Maracanã)では、フラメンコ戦が行われます。

6月祭り(Festas Juninas)は、ブラジルの豊かな民族遺産を祝って6月中通して開かれる素晴らしいイベントです。

12月31日は、カーニバルはさておき、リオのパーティタイムが始まります。市内のビーチには新年に先駆け何百万人もの観衆が押し寄せ、見事な花火と共に炸裂します。

気候

リオデジャネイロは、熱帯性の町で、気温はめったに20°C を下回ることはなく、通常30°Cを超える程度の気温で前後しています。海岸線のエリアは、大西洋からの涼しい風が気持ちよい一方、内陸部や人口の密集しているエリアは気温や湿度も高く、35°C を超えることもあります。リオの気候が年を通じてどれほど平均化しているかは、「寒い」月である8月の最低・最高気温が、平均でそれぞれ17°C ~ 23°C であることを見れば明らかでしょう。

リオデジャネイロのホテル

リオデジャネイロのお勧めホテル

1 Promenade Princess Copacabana

3つ星
4.0 (5点満点)

Rua Xavier da Silveira 58 Copacabana 地図

Promenade Princess Copacabanaで、極上バカンスを過ごしてください。充実した設備と豪華で快適な客室にご満足いただけることでしょう。 ロケーションホテルはアベニューニュー・N. Sra. de CopacabanaとR. Xavier da Silveiraに近く、レジャーにもビジネスにも大変便利なロケーションです。  ... 詳細

2 Windsor Atlantica

4つ星
4.4 (5点満点)

Av. Atlantica, 1020 - Copacabana 地図

'Windsor Atlantica は、レストランなどの設備が整った4つ星ホテルです。 お仕事でRio De Janeiroへお出かけのお客様のために、ホテルではビジネスセンターと会議設備をご提供しています。 ランドリーサービス、ツアーデスク、バー/ラウンジなどの設備・サービスもご利用いただけます。 ロケーション Rio De Janeiro のWindsor... 詳細

3 Hotel Atlantico Copacabana

3つ星
3.0 (5点満点)

Rua Siqueira Campos, 90 地図

Hotel Atlantico Copacabana は、リオ・デ・ジャネーロを訪れるビジネス、レジャーいずれの旅行者にもお薦めの便利な設備の整ったホテルです。思い出に残る休暇をお過ごしいただけるでしょう。 ロケーションコパカバーナ・ビーチに近い便利なロケーションで、イパネマ・ビーチやRio-Sul Mallをはじめとする数々の見どころに近接しています。 Santos... 詳細

4 Porto Bay Rio Internacional Hotel

4つ星
4.3 (5点満点)

Avenida Atlantica 1500 - Copacabana 地図

Porto Bay Rio Internacional Hotelは、4つ星ホテルで、バー/ラウンジ、レストラン、ランドリーサービス、ツアーデスク、通貨両替サービスをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 出張・ビジネスのお客様には、 ビジネスセンターなどをご活用いただけます。 バー/ラウンジでは、お飲物を召し上がりながらお寛ぎください。 ロケーション Rio De... 詳細

5 Windsor Excelsior

3つ星
4.3 (5点満点)

Avenida Atlantica, 1800 - Copacabana 地図

Windsor Excelsior では、 24時間ルームサービスなどのサービス・アメニティをご提供しています。 ホテル内には、レストラン、バー/ラウンジがございますので、会食や打合せなどにご利用ください。 屋外プールがありますので、夏季には水泳や日光浴をお楽しみいただけます。 出張でRio De Janeiro... 詳細

6 Leblon All Suites Design Hostel

3つ星
レビューはありません。

Rua Joao Lira, 149 地図

' ロケーション Rio De Janeiro のLeblon All Suites Design Hostel は、Christ the RedeemerとVista Chinesaの近くに位置しています。 詳細

7 Best Western Plus Sol Ipanema Hotel

3つ星
4.1 (5点満点)

AV.VIEIRA SOUTO, 320 - Ipanema 地図

Best Western Plus Sol Ipanema Hotelは、3つ星ホテルで、バー/ラウンジ、レストラン、ランドリーサービス、ツアーデスク、通貨両替サービスをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 出張・ビジネスのお客様には、 ビジネスセンターなどをご活用いただけます。 バー/ラウンジでは、お飲物を召し上がりながらお寛ぎください。 ロケーション Best... 詳細

8 Rio 180 Boutique Hotel

4つ星
レビューはありません。

Rua Doutor Julio Otoni, 254 地図

ホテル内に、レストランもございます。 ロケーション Rio 180 Boutique Hotel は、Rio De Janeiroの 4つ星ホテルで、Christ the Redeemer、マラカナン競技場、シュガーローフ・マウンテンの近くに位置します。 詳細

9 Pestana Rio Atlantica Hotel

4つ星
4.1 (5点満点)

Av. Atlantica, 2964 - Copacabana 地図

Pestana Rio Atlantica Hotel では、 24時間ルームサービスなどのサービス・アメニティをご提供しています。 ご宿泊の際は、フィットネスセンター、レストラン、バー/ラウンジをはじめとするホテル内施設をご利用になり、お寛ぎください。 屋外プールがありますので、夏季には水泳や日光浴をお楽しみいただけます。 出張でRio De Janeiro... 詳細

10 Windsor Palace Hotel

3つ星
レビューはありません。

Rua Domingos Ferreira 06 - Copacabana 地図

Located in Copacabana, Windsor Palace is the perfect place for travelers enjoying seeing Rio de Janeiro beauties with comfort and safety. Strategically located close to beach, bars, restaurants,... 詳細