ケルンホテル

ケルンのホテルを検索

ケルン観光案内

紀元前38年に古代ローマ人により建設された都市ケルンは、ヨーロッパの他の地域と深く関わりながら歴史を刻んできました。ケルンの街に残る建造物には、誰もただ目を見張るばかりです。例えば2つの尖塔があるケルン大聖堂や、12のロマネスク教会は、その威厳に満ちた佇まいを目にするだけで、心ははるか歴史のかなたへ連れ去られてしまいます。

ショッピングに関しては、今どきのものがたくさんあります。シルダーガッセは毎時1万3千人の買い物客が歩き過ぎる、ヨーロッパでもっとも賑やかなショッピング・ストリートのひとつ。ショップ間の競合が厳しいので、地元ブランドならここで買うのが最もお買い得です。

確かにケルンは歴史ある街であり、興味深い史跡に事欠かない場所ですが、同時に新しく進歩的な考えをもった都市でもあります。若者達はアクティブで、興味深いナイトスポットもたくさんあります。第一印象は、古臭くて堅苦しい街に見えるかもしれませんが、そんな外見のべールを剥ぎとれば、そこには本物のケルンが息づいているのです。

エリア情報

スードシュタッド

旅行者向けのエリアと地元の人々の生活圏の中間あたりのエリアを探索したいなら、ケルンのナイトスポットのひとつであるスードシュタッド(Sudstadt )に向かいましょう。Theater am Sachsenringはバーやパブのほか、近現代の演劇が楽しめる劇場があります。この界隈の劇場では、奇抜で断固としてコンテンポラリーな表現やオリジナルの演劇を観ることができますので(ただし理解を超えているかもしませんが)、ぜひチャンスをお見逃しなく。より伝統的な演劇がお望みならDer Keller へ。よりわかり易い現代的なストーリーの演劇を楽しむことができます。といってもセリフはたいていドイツ語または英語ですから、心の準備を。

ベルギー地区

オランダやベルギーの都市にちなんで名づけられた通りがあるベルギー地区は、多文化エリアであり、料金は高めですがゴージャスな夜を楽しむこともでます。またこのエリアは、聖ミイヒャエル教会があることで知られています。教会は日中はすずやかな影を町に提供し、日が暮れると夕空に高く浮かび上がり、方向を確かめる際の目印となってくれます。この界隈は背の高いテラス付きの建物と自転車が多いため、一瞬パリにいるような気さえするものです。

エーレンフェルト

ヘリオス塔が聳えるエーレンフェルトは、ケルンでも近年注目のエリアでメキシコ料理、ペルシャ料理など、様々なレストランが出店しています。ショッピングにも便利なエリアで、通り沿いにはケルンでもトップ・ファッション(お値段ももちろんトップ)のブティックや高級店が軒を連ねています。

Coloneum は、地元メディアが集まる場所で、映画などの撮影も頻繁に行われています。ドイツの他の都市より物価が安いので、ハリウッドから撮影チームがわざわざケルンにやって来ることもあります。映画スターを目にすることができるかもしれません。

ニッペス

ニッペスは、昔は小さな町でしたが市の拡大に伴いケルン市に統合されることとなりました。若くて元気な人々が多い、新興エリアです。Feezは、このエリアの文化を象徴するようなバー。イタリア、アジアなど多国籍料理を食べて、言葉が通じるなら、地元の人たちが飛入りで参加するオープンマイク・ナイトのパフォーマンスに仲間入りしてみましょう。

気分転換に宇宙のミステリーを解き明かしてくれるプラネタリウムに行きましょうか。といっても解説はドイツ語ですから、やはり日本のプラネタリウムを訪ねたほうがいいかもしれせん。しかしライン川の上からケルンの夜景を見ることができるケルン・ライン・ロープウェーはここでしか体験できません。素敵な一日の終わり方です。

ケルンのレストラン&バー

10. Keule ケルンのマスコミ関係者が多い場所。その日のメニューを左右するほど地元の食材にこだわっており、料理の味はかなりハイレベル。子羊のグリルは、地元産ビールKolshラガーとよく合います。アルトシュタット・ノルド

5. Shepheard は、カイロにある有名ホテルにちなんで名づけられたカクテルバーで、200種類を超えるカクテルの数はケルンでもいちばん豊富。店の照明や音楽は、ジャズクラブのような雰囲気。品の良いインテリアなので、ロマンチックなデートにぴったりの店です。ノイシュタッド・スード

9. La Patata 伝統的な建物のなかでいただくスペイン料理。La Patataの料理はどれもなかなかの味ですがチョリソーは、かなりのもの。ドイツワインあるいはスペイン産のワインとともにどうぞ。店内は若干狭苦しい感じもありますが、8つの長いテーブルで食事をすれば、自ずと他のグループとも交流が生まれてきます。地元の人々の暮らしぶりに興味がある人にはお勧めです。ノイシュタット・ノルド

4. Fruh Am Dom ケルンに行って、ビアホールに行かないのは罪というもの。美しい噴水はさておき、旅行者にも地元民にも人気のビアホールです。早い時間なら、ここの名物の朝食を試してみては。朝食とともにビールを一杯なんてのも、ここならでは。顔をしかめる人はいないのでご安心を。 アルトシュタット・ノルド

8. El Gaucho は、ケルンでもっとも高級で高額なレストランです。ニューヨークのステーキハウスを彷彿させる雰囲気。薄暗い照明の下でドイツ経済界の重鎮が食事をしているかもしれません。安めのメニューもありますが、ここは何といってもステーキの店ですからステーキを試してください。気難しそうなウェイターを怒らせないためにも、高めのメニューを注文したほうがよさそうです。 アルトシュタット・スート

3. Underground ライブ音楽を楽しむには最高のバーです。ふたつのコンサート・ホールがあるので、誰の音楽の趣味にも合うでしょう。イギリスの古いパブのような雰囲気で、客層は年齢、国籍とも幅広いようです。エーレンフェルト。

7. Basilikum おばあちゃんの家に夕食に招かれたような気分が味わえる店。店のオーナーは、誰のお腹も心も満たしてくれます。自家栽培のハーブをたっぷりとつかった美味しい料理が味わえます。週日も混んでいますので予約をお勧めします。 アルトシュタット・スート

6. Alter Wartesaal 元は駅舎だった建物のなかにあるバー兼ナイトクラブで、様々なテーマでパーティが開かれます(きわどいテーマもあり)。 アルトシュタット・ノルド

ケルンのイベント

毎年2月になると、街は山車やパレードで華やぎ、衣装をまとった人々が通りにくりだし空には紙吹雪が舞い上がります。 ケルン・カーニバル は、ケルンという都市と同じように他に比類ないイベントです。

ビール醸造技術に優れた国ドイツなので、ワインはともすると忘れられがちですが、5月のWeinwoche(ワイン週間) は、ワインのオクトーバフェストといったところ。地元の商店が通りに出店を出し、ワインにぴったりのドイツ産の食品が並び、人々はこの一週間を楽しみます。

7月になるとケルンは同性愛者たちの街に変容します。ケルン・プライド・フェスティバルはゲイ、レズビアン、そして同性愛擁護者たちを多数、ケルンに集める毎年恒例のイベントです。道路もナイトクラブも人で溢れ、お祭り騒ぎ。騒がしいのが苦手なら、この時期のケルンは避けたほうがいいでしょう。

The Kolner Bucherherbstはケルンで開かれる文学祭です。9月の2週間強を費やして、 新人作家や著名作家による朗読会や文学をテーマにした討論会などが催されます。

10月にはケルン国際コメディ・フェスティバルとコメディ映画フェスティバル があり、国内外のコメディアンたちがケルンの人々を笑わせてくれます。年を経るごとにフェスティバルは大規模になり、ケルンは今ではヨーロッパでも最もお笑いパフォーマンスが発展した都市となりました。

旅のベストシーズン

ケルンはドイツで最も温暖な都市に数えられます。といっても一年の平均気温が10℃ですから、他の都市と比較してという意味です。

6月、7月、8月は、気温もちょうど良く、アウトドア・アクティビティや散策にぴったりのよい季節です。

ライン川が氾濫すると、ケルンも被害を被ります。ケルンはヨーロッパでも特に洪水が多い都市です。雨の日あるいは雨が降りそうな日は、できるだけケルンを避けたほうがいいでしょう。頻繁に洪水に見舞われているにもかわらず、万全の備えがないため都市機能は麻痺状態となります。

気をつけましょう

ダフ屋は、かなり高い値段でチケットを強引に売りつけようとします。例えばサッカー観戦のチケットを買うならスタジアムで直接購入することをお勧めします。買い損なったら、ビアホールに行ってスクリーンで観戦しても、同じくらい、あるいはもっと楽しめますよ。

旧市街のレストランは、旅行者と見ると値段をつり上げることで知られています。大きな荷物はホテルに残して、地図はポケットにしまって、地元の人々に同化しましょう。さもないと法外な料金を払わされるはめになりかねません。

ケルンを巡るには

地下鉄は便利で安価です。ケルンの郊外から中心部に入るには地下鉄がいちばん。

ケルンに到着したらレンタサイクルの利用者登録を。自転車で市内を自由に移動することができます。借りた場所と違う場所での返却も可能。乗りたいときだけ借りて、利用時間分だけ料金を払うシステムです。

ケルンは古い都市ですから徒歩がもっともふさわしい移動手段。土地勘もつき街の雰囲気も肌で感じることができるでしょう。 足が疲れても、それが旅の思い出というものです。

インフォメーション

ケルンを訪ねれば、ドイツの見どころがベルリンやミュンヘン以外にも十分あることを改めて実感します。人口100万人を擁する活気溢れる都市ケルンには、かの有名なケルン大聖堂を筆頭に、ぜひ訪ねたい場所やぜひとも経験したいことが盛りだくさん。

紀元前38年、ローマ帝国により建設されたケルンは現在ヨーロッパの主要都市となっています。ライン川沿いの恵まれたロケーションにあるため、中世には商業と貿易の要地として発展しました。街のいたるところに歴史が息づいていますが、住む人々の考え方はいたって進歩的。そのためケルンは一方の軸足をしっかりと現代に置いています。

見どころ

ユネスコにより世界遺産に指定されているケルン大聖堂は、比べるものがないほどのすばらしさです。街のシンボルである大聖堂は、建設に632年の歳月が費やされ、1880年に完成しました。完成時には国をあげて祝賀行事が開催されました。驚くべき傑作建築のいたるところには見事なディテールが見られ、内部には数多くの礼拝堂や彫刻が設置されています。

ルートヴィヒ美術館は、ピカソ、アンディ・ウォーホル、リキテンスタインなどの作品を収蔵する現代美術の宝庫です。

ヴィルラフ・リヒャルツ美術館は中世ゴシックからルネサンス、印象派、20世紀初頭までの絵画コレクションを展示しています。

ケルンへの旅行者たちは、ヨーロッパでもトップクラスの公園開発計画の恩恵に浴することができます。街の中心部周辺の便利なロケーションに、緑の公園がいくつもあり、しかもライン川岸辺で、様々なリクリエーションを楽しむことができるのです。

エル=デ・ハウス(ナチ記録センター)は第3帝国時代のケルンの歴史を記録する資料を保管する博物館です。建物は以前はゲシュタポ(国家秘密警察)の支部でした。

オーデコロン発祥の地であるケルンに香水博物館があるのは当然です。主要観光スポットの合間にフォリーナ・ハウスを訪ねるのもちょっとした気分転換。ケルンの香水の歴史に触れるのも興味深い体験です。

1330年に建てられた旧ケルン市庁舎は、第二次世界大戦で大きな被害をこうむりましたが、その後何十年にもわたり修復が加えられ、今では街の名所となっています。

イベント

ケルンのカーニバ(謝肉祭)は中世に歴史を遡る、賑やかな年中行事です。11月11日に始まり2月の灰の水曜日にどんちゃん騒ぎでクライマックスを迎えます。主要行事の他、いくつかのイベントが開催されて楽しい雰囲気を盛りあげます。

12月になると大聖堂広場にはクリスマス・マーケットが立ち、まるで絵葉書のような風景です。

ムジーク・トリエンナーレは世界中の音楽家によるクラシックから現代音楽までが楽しめる音楽の祭典で、毎回多くの観衆を集めています。

ケルンの2つのオーケストラのどちらかの演奏を聴くには、ケルン・フィルハーモニーの音楽堂へでかけましょう。

気候

ケルンは大陸性気候のため、夏は気温が高く雨がよく降り、冬は冷え込みます。といってもケルン市民は冬の楽しみ方を良く知らないようですが。

  • 冬 (11月~2月) -1-8°C
  • 春 (3月~4月) 2-13°C
  • 夏 (5月~8月) 8-24°C
  • 秋 (9月~10月) 7.5-20°C

ケルンのホテル

ケルンのお勧めホテル

1 Lindner Hotel Dom Residence

4つ星
4.3 (5点満点)

Stolkgasse / An den Dominikanern 4a 地図

ホテル内には、レストラン、バー/ラウンジがございますので、会食や打合せなどにご利用ください。 ロケーション Cologne のLindner Hotel Dom Residence は、Cologne CathedralとSankt Maria im Kapitolの近くに位置しています。 詳細

2 Dorint An Der Messe Koeln

4つ星
4.0 (5点満点)

Deutz Muelheimer Strasse 22-24 地図

Dorint An Der Messe Koeln は、上質なお部屋とレクリエーション・サービスをご提供しており、お客様に快適にお過ごしいただけます。商用、観光を問わず、ケルンでの滞在先としてご利用ください。ケルン エキシビション グラウンド、ケルンアリーナ、ケルン・ボン空港などに近接しています。 概要Dorint An Der Messe... 詳細

3 art'otel cologne, by park plaza

4つ星
4.2 (5点満点)

Holzmarkt 4 地図

art'otel cologne, by park plazaは、4つ星ホテルで、サウナ、バー/ラウンジ、レストラン、24時間体制のフロントデスク、ランドリーサービスをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 出張・ビジネスのお客様には、 ビジネスセンターとコピーサービスなどをご活用いただけます。 バー/ラウンジでは、お飲物を召し上がりながらお寛ぎください。 客室... 詳細

4 Novum Hotel Leonet Koeln Altstadt

3つ星
2.9 (5点満点)

Rubensstrasse 33 地図

' ロケーション Cologneにある当3つ星ホテルの近隣には、 Cologne CathedralとSankt Maria im Kapitolがあります。 Novum Hotel Leonet Koeln Altstadt は、ラインエネルギーシュタディオン、ライン・パーク、Cologne Chocolate Museumの近くに位置しています。 詳細

5 Wyndham Koeln

4つ星
3.7 (5点満点) レビュー3件

Breslauer Platz 2 地図

すばらしい設備、親しみやすい雰囲気のWyndham Koelnは、出張のビジネスマンにも、快適な休暇を過ごしたい旅行者にもお勧めのホテルです。 概要より快適なご滞在のために、Wyndham Koelnでは両替サービスやワイヤレス・インターネット回線、ランドリーサービス、セーフティボックスなどの設備・サービスもご提供しています。 ロケーションWyndham... 詳細

6 Pullman Cologne

5つ星
4.5 (5点満点)

Helenenstrasse 14 地図

Dorint Kongress Hotel Cologneは、近代的なサービス、申し分のない内装、魅力的な雰囲気で、ビジネス、レジャー、違いの分かる旅行者の高い期待にも対応できるデザインのホテルです。 ... 詳細

7 Dorint Hotel am Heumarkt Koeln

5つ星
4.0 (5点満点)

Pipinstrasse 1 地図

ドリント ホテル アム ホイマルクト ケルン(Dorint Hotel Am Heumarkt Cologne )は、モダンなデザインと歴史を感じさせる要素が見事に融合したホテルです。贅沢で快適なご滞在をお楽しみいただけます。 ... 詳細

8 Hyatt Regency Cologne

5つ星
4.4 (5点満点)

Kennedy-Ufer 2a 地図

Cologneにある当 5つ星ホテルでは、フィットネスセンター、テニスコート、スパ、ゲスト用ランドリーをはじめとするアメニティをご用意して、お客様をお迎えしています。 Hyatt Regency Cologne では、 コンチネンタルブレックファストが召し上がれます。 ホテル内に、バー/ラウンジとレストランもございます。 ... 詳細

9 Hilton Cologne

5つ星
5.0 (5点満点) レビュー1件

Marzellenstrasse 13-17 地図

ヒルトン・ケルン・ホテル(Hilton Cologne Hotel)は、素晴らしい環境と設備、ディテールにこだわったサービスを提供しているホテルです。季節に関係なく、ケルンでの滞在先に理想的です。 概要ヒルトン・ケルン・ホテルにはビジネスセンター及び12室の会議室があり、ビジネス会議やセミナー、商品発表会などの会場に理想的です。また、ホテル内にはジムやソラリウムもございます。 ... 詳細

10 Leonardo Hotel Koeln Bonn Airport

4つ星
4.0 (5点満点)

Waldstrasse 255 地図

Holiday Inn Hotel Cologne-Bonnは、思い出に残る楽しい旅に必要な近代的な設備と快適性を提供してくれるホテルです。 概要設備の整った会議室が11あり、ビジネス、社交の場としてご利用いただけます。ヘルス&フィットネスセンターがホテルの近くにあります。  ... 詳細

ケルン hotelsサイトマップをご覧ください。