バンコクホテル

バンコクのホテルを検索

王宮と寺院と、熱帯の都バンコク

マレー半島の北東に位置するタイの首都、バンコク。スワンナプーム国際空港から西へ20kmほど進めば、この国際都市の中心部に到着します。金彩が眩しい寺院が点在する旧市街には、王宮や、バンコクに遷都された際に護国寺として建立されたワット・プラケオが構えています。他にも、大寝釈迦仏で知られる第一級王室寺院のワット・ポーや、チャオプラヤーの川向こうに巨大な仏塔を並べたワット・アルンなど、見どころは尽きません。そこから川沿いに北へ向かえば、タイ王国の行政を司るドゥシット地区。ここには、バンコクで最も歴史のあるドゥシット動物園があります。一方、南へ向かえば、黄金仏像で有名なワット・トライミットのあるチャイナタウン地区へ。店と屋台がひしめき合い、行き交う人々で賑わいを見せるヤオワラート通りを散策するのもいいでしょう。また東側のエリアには、タイシルクで巨万の財をなしたジム・トンプソンの家が公開されています。ショッピングやグルメはもちろんのこと、スパ&エステやタイ式マッサージをはじめとするリラクゼーション、タイダンスなどのエンターテインメント。さまざまな魅力がさながらジグソーパズルのように混在している点がバンコクの魅力かもしれません。

見どころトップ10

10.カオサン通り

世界中から集まった観光客が行き交うバンコクの多国籍繁華街。屋台や露店で売られているお土産物はかなり安価。値引きも可能です。

9.シーロム・ビレッジ

元王族の屋敷跡に、タイシルクのテーラーや工芸品店、タイダンスが鑑賞できるレストランなどが並ぶ複合施設。お土産も豊富なシーロム通りの観光拠点です。

8.マーブンクロン・センター

バンコク有数の巨大ショッピングモール。プラトゥナームエリアには、他にもプラティナムモールなどファッションビルがいっぱい。散策がてら立ち寄ってみたいスポットです。

7.サヤーム・ニラミット

タイの文化をショー仕立てで紹介する巨大劇場。地下鉄タイランド・カルチュラル・センター駅から送迎バスで5分と好立地です。

6.プラ・チャーンの屋台街

王宮周辺からチャオプラヤー川へ向かうと見えてくるタマサート大学のそば。川のほとりにある船着場が目印の屋台街で、バンコクっ子自慢のグルメを堪能できます。

5.ジム・トンプソンの家

タイシルク王としてその名を馳せたアメリカ人、ジム・トンプソンが住んでいた家。チーク材で建てられたタイ伝統洋式の家屋と、彼が収集した古美術には一見の価値があります。

4. チャイナタウン

漢字の看板がひしめくヤオラワート通りを中心とする繁華街。おいしい中華料理を堪能できる他、華人に信仰されているワット・トライミットなどの寺院もあります。

3.渡し船(ルア・カーク・ファーク)

チャオプラヤー川を渡り、トンブリーへ行くのに最適な交通手段。船着場で料金を支払ってから乗るか、向こう岸で支払います。バンコクの旅の思い出に一度乗船してはいかがですか。

2.タイ式マッサージ

大寝釈迦仏で有名なワット・ポーは、伝統的なタイ式マッサージの発祥地。境内にある東屋で体験できます。もちろん市内にもたくさんのマッサージ店があるので利用してみては。

1.ワット・プラケオと王宮

バンコク最大の見どころがここ。2つのポイントはすぐ近く。お隣のワット・ポーも合わせて観光することができます。

エリア情報

バンコクは、恵みの大河であるチャオプラヤー川の両岸に広がる大都市です。観光大国として知られるだけあって、見どころは広い範囲に点在しています。また近年は観光客の増加に伴い、各エリアでホテルの開業ラッシュが続いています。

・シーロム

シーロム通りは、バンコク市民の以降の場であるルンピニー公園を中心に東西へ走る大通りです。毒蛇を研究するスネークファームでは毎日蛇が登場するデモンストレーションが行われ、入園者の目を楽しませています。また、夜は屋台市場となるパッポン通りも、界隈有数の繁華街です。

・サヤームとプラトゥナーム

この地区は、バンコクで最も賑やかなショッピングエリア。とりわけ、大学の敷地を開発したサヤーム・スクエア界隈は、若者が集まる最先端の街として有名です。サヤーム駅前のサヤーム・パラゴンは、隣のセントラルワールドや国立競技場近くのマーブンクロン・センターと並ぶメガモール。1日歩いても、すべては回りきれない巨大なショッピング街を形成しています。少し離れた運河沿いには、1959年に建てられたジム・トンプソンの家があり、多くの観光客が訪れています。

・ 王宮周辺

1782年、トンブリー王朝を継いだラーマ1世がチャクリー王朝を興して遷都。もともとチャオプラヤー川西岸にあった市街を東岸へと移したのがバンコクの前身でした。サナーム・ルアン(王宮前広場)の南にある王宮がその中心。隣には護国寺であるワット・プラケオが建立されています。さらに南へ下ると、巨大な黄金の仏像が横たわるワット・ポーが。チャオプラヤー川を挟んだ対岸に、三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなったワット・アルンの石塔群を眺めることもできるでしょう。

・ドゥシット地区

ドゥシットは、バンコクの北部。ワット・イントラウィハーン、ワット・ボウォーンニウィートなどの寺院が立つはざまに、官公庁や行政機関、王室関係の施設が立ち並びます。また、ウィマーンメーク宮殿やアナンタ・サマーコム宮殿、チットラダー宮殿などの史跡が点在する公園も人気。ここにはドゥシット動物園や王室像博物館などの文化施設があり、多くの行楽客で賑わっています。

・チャイナタウン

フアラムボーン駅の西側には、無数の路地が交差するチャイナタウンがあります。目抜き通りとなるヤオワラート通りを中心に飲食店や雑貨店が多数出店しています。黄金の仏像が祀られているワット・トライミットは必見。バンコク最大の生花市場であるパーク・クローン市場へと出かければ、路上には深夜までお花を売る店が並んでいます。

・チャルン・クルン通り

シーロム通りの突き当たり、チャオプラヤー川と平行に伸びるストリートがチャルン・クルン通りです。ここにはバンコクを代表する高級国際ホテルが林立しています。チャルン・クルン・ロイヤル・シアターなどのエンターテイメントも充実しています。

・カオサン通り

カオサン通りは、ドゥシットの南西に位置する500m足らずの道。ホテルやショップが立ち並ぶ賑やかなエリアです。北東側のすぐ先にはワット・ボウォーンニウィートが鎮座し、逆の西サイドには、国立美術館、国立劇場、国立博物館と、バンコク市民にはお馴染みのカルチャー施設が設けられています。

ダイニング・セレクション

・ブルーエレファント

ベルギーに嫁いだタイ人女性のレストランが、バンコクに逆上陸。チャルン・クルン・ロイヤル・シアター近くで、豪華なタイ料理を。

・ラーン・ルア・トーン

プラトゥナームの北、運河沿いの食堂街クァイティアオ・ルアにある庶民的なお店です。小ぶりの麺料理は何杯でも食べられます。

・ナーッ

バンコクを訪れたら宮廷料理にもトライしてみませんか。築120年の白亜の洋館で、本格タイ料理をご賞味ください。シーロム

・ティー&ケー シーフード

ヤオワラート通りにある名物店。道路に並べられた屋台が目印のこのお店で、新鮮なシーフードが楽しめます。チャイナタウン

・フード・ホール

メガモール、サヤーム・パラゴンの1階にあるフードコート。ショッピングの合間に、気軽に立ち寄れる点が魅力です。サヤーム

・聘珍棲

お馴染み横浜・中華街の老舗が出店。香港出身のシェフがつくる本場の広東料理や食べ放題のビュッフェが人気です。プラトゥナーム

・花屋

チャルン・クルン・ロイヤル・シアターのある通りに面した日本料理店です。ふるさとの味が恋しくなったら、こちらのお店で。

・スワンナブーム国際空港内レストラン

空港内にあるフードコート。お料理の味も料金もバンコク市街のローカル店並み。美味しく安いと評判です。スワンナブーム国際空港

・ソンブーン・シーフードレストラン

バンコク、スラウォンの人気店。名物料理のブーパッポンカリーは絶品。ぜひ、タイの名産シンハビールとともに。シーロム

・マンゴーツリー

魚料理、肉料理、カレーと様々な味覚を味わえる店。屋外のテラス席で夜風にあたりながらバンコクの夜を楽しんでみては。シーロム

バンコクのイベント

タイ人、とりわけバンコク市民にとって、4月の旧正月を祝うソンクラーンは欠かせない行事です。この時期は王宮周辺で様々なイベントを開催しています。例えば、ワット・ポーでは外国人観光客にもわかりやすくソンクラーンの祝い方をデモンストレーションしています。また、市内のあちこちでは水の掛け合いがはじまります。この日は無礼講。旅行者にも容赦なく水が掛けられますが、ぜひ楽しみましょう。

夏は、7月からはじまるバンコク国際映画祭が例年行事として組まれています。王宮周辺をはじめ、市内各地で上映会やコンペイベントが行われます。また、これはバンコクのみにとどまりませんが、8月12日は王妃の誕生日。他の仏教的祝祭日同様、禁酒日となります。

厳しい暑さが和らぎ、過ごしやすくなる9月〜11月は、バンコクで特筆すべきイベントはありませんが、12月に入ると23日に、現国王陛下の誕生日がやってきます。この日、バンコク〜アユタヤ間を蒸気機関車が特別運行。多くの人が記念にと乗車します。尚、予約は60日前から受け付けているので、フアラムボーン駅やスカイトレインのシーロム線各駅などでチケットを購入することができます。

ベストシーズンはいつ?

●季節によって寒暖の差がある日本とは違い、バンコクは年間を通じて気温が高い(平均気温25〜30℃)熱帯の街です。3月〜5月の時期から徐々に降雨量が増え、蒸し暑い日が続きます。服装は日本の夏をイメージしてください。

●6月から10月にかけてバンコクは雨期に入ります。折りたたみ傘やレインコートがあると便利です。気温、湿度ともたいへん高くなり、うだる暑さが続きます。

● 9月〜11月の時期も、日本の夏の服装で問題ありません。ただし、ホテルや商業施設などの公共スペースでは、冷房がききすぎて寒いと感じることもあります。カーディガンや薄手のショールなどが1枚あるといいでしょう。そしてベストは12月〜2月。平均気温は変わらず高いのですが、乾期なので湿気が減り、過ごしやすい日が続きます。

気をつけましょう

●バンコクでは、感染症の原因となる水道水は飲まないようにしましょう。ホテルが中級以上なら無料で飲料水がサービスされますが、ない場合はコンビニエンスストアなどで購入を。ペットボトル(300ml)が1本10バーツ程度で売られています。

● 早くから観光地化されているバンコクには世界各国から観光客が訪れるため、あの手この手で旅行者から金品を巻き上げようとする人たちがいます。トラブルとして報告されているのは、詐欺や二重請求、スリ、置き引き、キャッチセールスなど多種多様。特に名所旧跡の近くでは、何かを売りつけようとしたり、別の土産物屋へ連れて行こうとしたりする客引きが目立っています。何を言われても相手にせず、滞在中は貴重品を肌身離さず持って、注意を怠らないよう気をつけましょう。

● 繁華街には、怪しいネオンの風俗店がたくさんあります。性病やHIVの感染者が店に立つことも少なくないようです。自分の行動に責任をもって旅してください。

バンコクを巡るには

●物価の安いバンコクですから、タクシーを使用するのがいいでしょう。その際には距離メーターを確認すること。タクシーによってはクーラーのあるなしがあります。チェックしてから乗りたいもの。

● バンコクには地下鉄が1路線。バーン・スー駅とフアラムボーン駅をつなぐわずかな区間ですが、市民の快適な足として知られています。料金は初乗り15バーツ。1駅ごとに1〜2バーツが加算されていきます。また、高架鉄道のBTSも2路線が運行しています。こちらも料金は15バーツから。

● せっかくならば、バンコクならではの交通手段、派手なカラーリングを施した3輪オートバイのトゥクトゥクも体験してください。街のどこにも停まっています。料金は目的地を告げてそのたび交渉します。英語もほぼ通じます。法外な金額を要求されることはまずないでしょう。

バンコク
インフォメーション

エキゾチックな魅力に溢れたバンコク。一方でバンコクの交通渋滞、蔓延するスモッグ、うだるような暑さが気になります。でも、微笑みの国の人々のまばゆい笑顔、豪華絢爛な王宮、活気ある市場、ショッピング天国やナイトスポットなどの魅力にはまれば、さっきまでの憂慮はどこへやら、その後も何度もバンコクへ足を運ぶリピーターになるかもしれません。

バンコクは、また世界でも有数の食の都です。荘厳な寺院の数々、迷路のような市場でのショッピングなど楽しみはつきません。観光名所、アクティビティを存分に楽しめるアジア有数の都市バンコクでのホリデーは、盛りだくさんになりそうです。

見どころ

バンコクの生活圏は、市を二分するチャオプラヤー川沿岸に集中しています。寺院のほとんどがこの川沿いにあります。

バンコクには何百という寺院があるため、多くの旅行者が寺院めぐりで疲労困憊してしまいます。最も有名なワットアルン(暁の寺)は川の近くにありタイ仏教の最高峰とされています。ワットポーは世界で最長の寝釈迦仏で知られています。王宮の守護寺であるワットプラケオ(エメラルド寺院)には、神聖なエメラルド仏が祀られています。このエリアではこの他、美しいチーク材によるヴィマンメーク宮殿も必見です。

買い物好きにとって、バンコクは格別に楽しい場所でしょう。ハンドクラフト、布地、ジュエリー、アート、そしてアンティークとあらゆるものが揃い、しかも値段もお手頃ときたらたまりません!露天マーケットのお勧めがチャツチャク・ウィークエンド・マーケット(地元ではJJマーケットと呼ばれています)。とてつもなく広い上、炎天下を歩き回らないとならないので、土曜日と日曜日の両方を使うのが懸命かもしれません。涼しい服装でお出かけください。そしてくれぐれもスリにご用心。

週末をバンコクで過ごさないからといって、落胆する必要はありません。ルンピニ地区にある比較的新しいスアンラム・ナイトバザールなら毎日やっています。サイズもJJほど大きくありません。こちらのほうが値段は高めですが、よい品が揃っています。ステージの上のバンドの演奏を聞きながら、疲れた足も休めることができます。業者の人々が仕入れのためにやって来るのが、衣料品の卸を扱っている店が多いプラトゥナム地区と、チャイナタウンのサムパン(Sum Pang)です。

もう少しのんびりと涼しい場所でショッピングを楽しみたいなら、市内中心部に近いショッピングモールがいちばん。ムーブンクロン(MBK)は、6階建ての建物にショップやレストランが入った巨大モールです。サイアム・スクエアはトレンディなショップが軒を連ねる小型アーケードで、地元の若者たちが集まる場所です。高級志向ならスクンビットのエンポリウム、プロンチットのセントラルチドロムへ。有名ブランドがめじろ押しです。買い物以外での楽しみといえば、バンコクに数あるマッサージ・パーラーを訪ねるのもいいでしょう。タイ・マッサージで心と体をリラックスさせましょう。

地元っ子気分を味わいたいならボクシングを見にルンピニやRatchadamneonのスタジアムに出かけましょう。

国立競技場の向かいにはタイ・シルクを世界に広めたジム・トンプソンの家があります。6棟の美しいチーク材によるタイ様式の建物には、美しいシルク織物が展示されています。

イベント

タイの伝統では4月が正月にあたります。バンコクでは水をかけあって新年を祝うソンクランが行われます。人々が心待ちにしているローイ・クラトン祭りは、紙やバナナまたは蓮の葉でつくったボートにロウソクやお線香を立てて川に流す燈籠流しのようなお祭りで、贖罪の意味があります。

12月5日の国王の誕生日にはバンコクの街中がイルミネーションで輝き、人々は敬愛する国王の誕生日を祝います。

バンコクの気候

バンコクの気候は年間を通じて暑く、6月から10月にかけて高温多湿の雨季があります。

  • 乾季(3月~5月) 25 - 34oC; 非常に暑く、雨はほとんど降りません。l
  • 雨季(6月~10月) 24 - 32oC; 雨量が多く、高温 。
  • 比較的涼しい季節(11月~2月) 21 - 32oC; 日中は暖かく、夜間は涼しくなります。
  • バンコクのホテル

    バンコクのお勧めホテル

    1 Pathumwan Princess Hotel Bangkok

    5つ星
    3.5 (5点満点) レビュー2件

    444 Mahboonkrong Centre Phayathai Road 地図

    パトゥムワン プリンセス ホテル(Pathumwan Princess Hotel Bangkok)は、充実した設備に加え、バンコクでもトップクラスのショッピング街やエンターテイメント施設が周辺に揃うロケーション抜群のホテルです。ビジネス、観光どちらの目的でも、きっとご満足いただけるでしょう。有名なジム・トンプソンの家、スネーク・ファーム、ドゥシット動物園も近くにあります。 ... 詳細

    2 Amari Watergate Hotel

    5つ星
    4.3 (5点満点)

    847 Petchburi Road 地図

    アマリウォーターゲートホテル(Amari Watergate Hotel Bangkok)は、バンコクでのショッピングや観光の拠点として便利なホテルです。バンコクには、ジムトンプソンの家、スネークファーム、ドゥシット動物園、エラワン廟にある黄金のブラフマーなど、多くの見どころがあります。 ... 詳細

    3 Eastin Grand Hotel Sathorn

    5つ星
    4.8 (5点満点)

    33/1 South Sathorn Road, Yannawa, Sathorn 地図

    Eastin Grand Hotel Sathorn Bangkok seamlessly combines luxury spaces with top-of-the-line amenities for an ideal haven in the heart of the Thailand capital. Aside from quality services, this... 詳細

    4 Oriental Residence Bangkok

    5つ星
    4.0 (5点満点) レビュー1件

    110 Wireless Road, Lumpini, Pathumwan 地図

    The elegant and urbane Oriental Residence Bangkok makes for an ideal base with its convenient location, famous Thai hospitality and stylish accommodations that cater for short- or long-term stays.... 詳細

    5 lebua at State Tower

    5つ星
    4.7 (5点満点) レビュー7件

    1055, Silom Road 地図

    Lebua At State Tower Bangkokは、豪華な客室、恵まれた環境、バンコクとチャオプラヤ川のパノラマビューが自慢のホテルです。 バンコク中心部にあるこのホテルは、都会のオアシスを感じさせ、旅慣れたお客様にもきっと満足いただけるでしょう。周辺には、国立博物館、スアン・パッカード宮殿、ウィマン... 詳細

    6 Grande Centre Point Hotel Terminal 21

    5つ星
    4.3 (5点満点) レビュー3件

    2, 88 Sukhumvit Soi 19 (Wattana), Sukhumvit Rd, 地図

    Conveniently connected to the major mall, Grande Centre Point Hotel Terminal21 provides visitors easy access to international entertainment offerings while in the Thailand capital for business or... 詳細

    7 Urbana Sathorn Bangkok

    5つ星
    4.3 (5点満点) レビュー3件

    55 South Sathorn Road, Tungmahamek, Sathorn 地図

    Fraser Suites Urbana Sathorn Bangkok... 詳細

    8 Banyan Tree Bangkok

    5つ星
    4.5 (5点満点)

    21/100 South Sathon Road, Sathon 地図

    Banyan Tree Hotel Bangkok は、タイらしいおもてなしと、高級感溢れるお部屋でお客様をお迎えいたします。Conde Nast Traveller... 詳細

    9 Centre Point Sukhumvit 10

    4つ星
    4.0 (5点満点) レビュー9件

    39 Soi 10 Sukhumvit Road 地図

    Center Point Sukhumvit 10 は、タイのバンコクの静かな住宅エリアにあるシックなホテルです。窓外に美しい湖を臨むことができますので、心安らかにお過ごしいただけるでしょう。有名な民主記念塔や、東南アジアのアートが展示されているジムトンプソンの家を訪ねたり、ルンピニ公園を散歩するなどしてバンコク滞在をお楽しみください。国際見本市会場となるクイーンシキリット ナショナル... 詳細

    10 Grand Hyatt Erawan Bangkok

    5つ星
    5.0 (5点満点) レビュー1件

    494 Rajdamri Rd 地図

    Grand Hyatt Erawan Hotel Bangkok は、バンコクの中心部にある、究極の贅沢と優れたサービスを提供するホテルです。タイの骨董品が展示されている人気の博物館、ジム・トンプソンの家にお出掛けいただけます。蛇の知識を深めるならスネークファームがお薦め。バンコクでも有名な見どころになっています。映像技術の博物館(Museum of Imaging... 詳細

    バンコク hotelsサイトマップをご覧ください。