シンガポールホテル

シンガポールのホテルを検索

赤道直下のメトロポリス、シンガポール

マレー半島の南端に位置するシンガポール。アジア諸国から集まった多数の民族が暮らす多文化国家です。中心部のシティ・ホールは、シンガポール発祥の地。ラッフルズホテルやシンガポール国立博物館などコロニアル建築の歴史遺産が集中し、ヨーロッパの面影を色濃く残しています。

様々な民族が特色ある街並みをつくっているのも特長です。シティ・ホールの南に広がる中国人街のチャイナ・タウン、北にはイスラムの香りが漂うアラブ・ストリートがあります。東側の海岸にあるカトンは、マレーと中国、ヨーロッパの文化が融合したプラナカン文化が息づく数少ないエリア。それぞれに本場のローカルフードを味わえます。

シンガポールでいま最も話題を呼んでいるのは、マリーナ・ベイでしょう。リゾート&エンターテインメント施設が続々と登場しています。3つの高層タワーを繋いだ世界最大のインフィニティプールは、いまや新しいシンガポールの象徴。さらにセントーサ島にもアジア最大のリゾート施設があります。ホテル、カジノ、またユニバーサル・スタジオ・セントーサもあり、一日中遊べます。

グルメやショッピングなら、シンガポール川沿いに面してお洒落なショップが立ち並ぶボート・キーやクラーク・キーへ。思い出に残る食事も楽しめます。

見どころトップ10

10.クラーク・キー

かつて倉庫街だったエリアをお洒落にリノベーションした一大エンターテインメントエリア、クラーク・キー。旬のレストランとエンターテインメントスポットが集まっています。

9.プラナカン博物館

マレー半島独自の文化、プラナカンの歴史を紹介する博物館。ビーズ刺繍、陶器などのコレクションを所蔵。シティ・ホールの中心にあり、1912年に建てられた建物も必見です。

8.チャイナ・タウン

19世紀初頭に中国人居住区として指定されたチャイナ・タウン。現在も昔ながらの雰囲気を残します。ユネスコ文化遺産に登録されたシアン福建寺院も建っています。

7.マーライオン・パーク

シンガポールのシンボル、マーライオンが立つ広場。マリーナ・ベイに立ち並ぶ、エスプラネード・シアターズなどのユニークな建造物も見渡せる、絶景ポイントでもあります。

6.エメラルド・ヒル

オーチャード・ロードから一歩入ったエリア。シンガポールの昔の姿を彷彿とさせる、プラナカン様式のショップハウスが連なっています。バーになっている建物もあります。

5.ラッフルズホテル

シンガポールを代表する、コロニアルホテル。土産物を揃えたラッフルズ・ホテル・アーケードは、宿泊者でなくても入館でき、買い物や古き良き雰囲気を楽しめます。

4.セントーサ島

島の大半を占めるのはレジャー施設と、冒険型・体験型アトラクション。ビーチやウォーターアクティビティの他、カジノも備えています。

3.植物園

1859年開園の植物園。東京ドーム11個分の広さがあり、世界最大のオーキッド・ガーデンも擁しています。シンガポール市街地から車で20分ほど。

2.シンガポール国立博物館

フォート・カニング公園を背にして立つ、国立博物館。ヒストリーギャラリーとリビングギャラリーの両方で、シンガポールの今と昔を体験できます。

1. マリーナ・ベイ・サンズ

マリーナ・ベイで斬新な姿を見せる複合施設。3棟の高層ビルの上には、船の形をした空中公園「スカイパーク」。カジノ、ホテル、劇場、ショッピングモールが集結しています。

エリア情報

東京23区とほぼ同等の広さであるシンガポール。主な観光地は、シンガポール海峡に面した南側にあります。近代的な高層ビルと歴史的建造物が混在するシティ・ホール/マリーナ・ベイ地区、ショッピングタウンとして名高いオーチャード・ロード、川沿いのクラーク・キーなどが中心エリア。チャイナ・タウン、リトル・インディア、ブギス&アラブ・ストリートといったエスニックタウンがその周囲を取り巻いています。

・ シティ・ホール/マリーナ・ベイ

シティ・ホールは行政の中心地。植民地時代のコロニアル建築を利用した国立博物館、アジア文明博物館、ラッフルズホテルなど観光名所が数多くあります。一方マリーナ・ベイは、近代的な建物が建ち並ぶベイサイドエリア。マーライオン・パーク、エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ、大型観覧車のシンガポール・フライヤーなどシンガポールのランドマークが集中しています。

・オーチャード・ロード

有名デパート、ショッピング・センターが立ち並ぶ、シンガポールの目抜き通り。シンガポール美術館の他、世界最大規模のナショナル・オーキッド・ガーデンや、日本にも縁深いフォートカニング・パークなどがあります。

・ シンガポール・リバー

クラーク・キー、ロバートソン・キー、ボート・キーなど、シンガポール川沿いにお洒落な建物が建ち並ぶエリアです。デートスポット、ナイトスポットとして、シンガポールの若者に人気を集めています。

・チャイナ・タウン

シンガポールのビジネスの中心地、シェントン・ウェイに隣接。チャイナ・タウン・ヘリテージセンター、ティアン・ホッケン寺院といった中国ゆかりの建物に加え、ヒンズー教のスリ・マリアマン寺院も建っています。

・ リトル・インディア/ブギス&アラブ・ストリート

インド人街とイスラム人街が隣り合い、シンガポールでもエスニックな雰囲気を醸し出すエリア。インド人街は、人気のデパートムスタファ・センターを中心に賑やかに広がります。アラブ・ストリートには、シンガポール最大のイスラム寺院スルタン・モスクがあります。

ダイニング・セレクション

・オー・ジャルディン・レザミ

植物園内にある、植民地時代の建物を改装したレストラン。優雅な雰囲気の中、コンテンポラリーなフレンチが味わえます。オーチャード。

・コリアンダー・リーフ

タイ料理を中心に、フュージョン・キュイジーヌを提供するモダンなレストラン。眺めのよい川沿いに立っています。クラーク・キー。

・ ゴールデン・ピオニー

コンラッドホテル内にある広東料理店。繊細な味付け、芸術的な美しい料理で数々の賞を受賞しています。高級感溢れる店内にも評価が集まります。シティ・ホール。

・ アナラクシュミー

インドの文化財団が経営する、ベジタリアン向けのインド料理店。好きなものを好きな分だけ食べ、料金は自分の気持ち分を支払う仕組み。要予約。チャイナ・タウン。

・ ジャンボ・シーフード

シンガポールを代表する料理、チリクラブを堪能できる店。海沿いのオープンエアのテーブルでカジュアルに味わえます。イースト・コースト。

・ プリンセス・テラス・カフェ

ペナン出身のシェフによる、本格的なペナン料理をビュッフェスタイルで味わえます。香味のきいた洗練された味はシンガポールならでは。ハブロック。

・ 串銀

家庭料理を得意とする、日本食レストラン。看板メニューの焼き鳥は、40種類以上。シンガポールでほっとする味わいに出合えます。オーチャード。

・ イギーズ

国際的にも評価の高い、シンガポールのトップレストランのひとつ。現代ヨーロッパ料理とアジア料理を融合させた、洗練された味を提供しています。オーチャード。

・ マックスウェル・ロード・ホーカーセンター

シンガポール国内で最も多くの地元料理が味わえる場所。屋根付きのフードセンターに100以上の屋台が多彩に並びます。チャイナ・タウン。

・ ルマ・マカン・ミナン

伝統的なマレー料理レストラン。毎日20種類以上のおかずが用意されています。アレンジのない本物の味が楽しめます。ブギス。

シンガポールのイベント

多民族が暮らすシンガポールでは、時節ごとにさまざまな祭りが行われます。1月末はリトル・インディア周辺が、ヒンドゥーの祭タイプーサムで盛り上がります。2月は、チャイニーズ・ニューイヤー。中国系が約8割を占めるシンガポールでは最も盛大に行われ、マリーナ・ベイにあるF1ピットでは、各民族の踊りやドラゴンダンスなどで賑わいます。

4月はクリスチャンにとって最大の行事、グッド・フライデーがあります。5月には釈迦聖誕祭のベサック・デー。さらにシンガポールならではの国際的なイベントも目白押しです。競馬のインターナショナルカップ、アートフェスティバル、端午節を祝う国際ドラゴン・ボート・フェスティバルがマリーナ・ベイを舞台に幕を開けます。

8月はシンガポールの建国記念日。国会議事堂前のパダンやナショナル・スタジアムでパレードが行われます。また8月末は、道教者のための中元節。チャイナ・タウンのあちこちで賑やかに屋台が立ちます。イスラム教にとって最大の祭、ハリ・ラヤ・プアサもこの時期。ラマダンの終わりを盛大に祝います。

9月は、F1シンガポールグランプリが華やかに開幕。F1マシンがマリーナ・ベイに設置されたサーキットを駆け巡ります。また9月から10月にかけて、シンガポールでは中秋節、ランタン・フェスティバル、九星帝神祭りなどと、宗教関連の行事が多くあります。11月はヒンドゥー教にとって最も重要な祭りディーバヴァリ。12月に入ると、オーチャード・ロード周辺がクリスマスのイルミネーションで華やかに彩られます。

ベストシーズンはいつ?

●シンガポールは赤道に近く、熱帯モンスーン気候に属しているため、日中は摂氏30度前後、湿度は85%前後と、1年を通じて蒸し暑いのが特徴です。突然のスコールも日常的です。屋外の暑さと冷房の効いた屋内との温度差が激しいため、注意しましょう。

●4月〜9月は比較的雨が少なく、空気も乾燥した乾期となります。5月〜8月が最も暑くなります。

●10月〜3月は雨期にあたり、頻繁に長めのスコールにみまわれます。雨具は必須でしょう。

気をつけましょう

● シンガポールの治安の良さは東南アジア一、世界一かもしれません。ですが、強盗、スリ、置き引きなど、日本人を狙った犯罪は少なくありません。人の多く集まるショッピング・センターやオーチャード・ロード周辺などの観光地では、スリは置き引きに気をつけてください。

● 空港から市街へ向かうタクシーでの料金トラブルも発生しています。メーター付きのタクシー以外には乗らないように注意しましょう。

● タバコの吸い殻を道に捨てたり、痰を道に吐くところを警官に見つかると罰金となります。美化については想像以上に厳しいので決してお忘れなく。ちなみに喫煙場所はかなり限定されています。

シンガポールを巡るには

●電車については都心部では地下に潜り、郊外の一部は地上を走る MRTがあります。東西線、南北線、東北線、サークル線の4路線に分かれています。多くの観光ポイントへのアクセスに便利です。

●MRTがカバーしきれないエリアをバス路線が網羅しています。ただし、車内放送もなければ、行き先が不明なことも多く、観光客には利用しにくいかもしれません。バス路線、ルートマップをよく確認しましょう。

●シンガポールのタクシーは低料金で利用しやすいですが、繁華街ではタクシースタンドでしか停めることができません。またピーク時間料金、空港料金、夜間料金など追加料金もあるので確認が必要です。ともあれ確実に目的地まで行くには、やはりタクシーが便利でしょう。

シンガポール
インフォメーション

シンガポールの多文化社会の背景には、これまで様々な国から入植者を迎えてきた歴史があります。シンガポールが小さな島国でありながら、多様性に富む“人種のるつぼ”となっているのはそのためです。

確かに、シンガポールの各地ではそれぞれに異なる文化に彩られた情景を垣間見ることができます。たとえばチャイナタウンに今も残る古びた商店からは、中国がシンガポール海峡をこの地域の交易の要路としていた時代が偲ばれます。

急激な近代化にもかかわらず、シンガポールがその個性を失わずに保ち続けているのは、すばらしいことです。整備された交通網、洗練されたオフィスビル、複雑に入り組んだショッピングセンター。こうした側面により、都市国家シンガポールはアジア有数の大都市として注目を集めています。

観光地としてのシンガポールには、見るもの、食べるもの、感じるもの、そして行くべきところがめじろ押し。ただし年間を通して蒸し暑いので、覚悟が必要です。

見どころ

チャイナタウンに行くと昔の商店の面影を残す市場が立っています。リトル・インディアに足を踏み入れるとスパイスを売る店から様々な食べ物の匂いが漂ってきます。また商人たちは、豪華なシルクにはじまってゴールドやシルバーのジュエリーなど、ありとあらゆる物を売ろうと親しげに声をかけてくるでしょう。ここでは本格的なインド料理が食べられます。

1887年に立てられた豪華なホテル・ラッフルズは、シンガポールに来たらぜひ訪ねたい場所です。といっても見物客は壮麗なエントランスより先には入れませんが。しっかりとラッフルズを見たい人はアーケードに行きましょう。ラッフルズ・ミュージアムや様々なショップがありますのでゆっくりと時間をすごせます。またラッフルズには、あのシンガポールスリングで有名なロング・バー(Long Bar)もあります。

美術館や博物館といえば、国立博物館も一見の価値があります。シンガポールの歴史に関する展示品のほか、美しい翡翠の彫刻の数々も陳列されています。また美しいペラナカン(中国系とマレー系が融合して生まれた文化)様式の建物もあります。周辺の美術館やブラス・バサ・ロード沿いのコロニアル様式の建物、シンガポール美術館には国内外の傑出した美術品が展示されています。

公園がたくさんあるシンガポールでは、新鮮な空気を吸いながら屋外を散策するのも楽しいアクティビティのひとつです。ハウ・パー・ヴィラ(タイガーバーム・ガーデン)には中国の伝説上の生き物を象った人形や彫像などがあります。

シンガポール植物園のなかには国立蘭園もあります。背の高い木や生い茂る植物の中を歩いていると、シティライフのストレスも消えていきます。そして人気のジュロン・バード・パークへ。この野鳥公園は、世界から集めた様々な鳥を飼育していますので、バードウォッチングが楽しめます。

植物園の隣にあるのがナイト・サファリ。毎日午後7時半開園です。園内を走るトラムから、自然環境のなかで生息する大小さまざまな動物を観察することができます。

トロピカル・リゾートとテーマパークがひとつになったのがサントーサ島 。ほとんどのアトラクションが旅行者を対象としているため、ここに来る地元の人々はビーチ・パーティなどを楽しんでいます。この島には、巨大なマーライオン(上半身がライオンで下半身が魚の形をした像で、シンガポールのシンボルとなっている)があります。

オーチャード・ロードにシッピングに出かけずしてシンガポールは語れません。ブランド・ショップが多数出店する高級デパートや、キッチュでよりお手頃価格の商品を扱うブティックが軒を連ねています。

イベント

シンガポールの年中行事は、この国に住む人々の民族性のようにバラエティに富んでいます。1月にはヒンドゥー教のお祭りタイプーサムがあります。体に長い杭や針を刺した信者が苦行の行列を行います。同じ頃中国系の人々は爆竹の音とファミリー・パーティでチャイニーズ・ニューイヤーを祝います。チンゲイ・パレードでは華やかな山車やライオンのお面をつけた踊り手たちが街に繰り出します。10月から11月にかけてディーパバリが始まるとリトルインディアは、飾りやイルミネーションで輝きます。イスラム教徒はラマダンが終わるとハリ・ラヤ・プアサでひと月に及ぶ饗宴が始めます。

気候

一年を通して(1~12月) 暑さが続きます。22 - 31oC ; 赤道から北にわずか137キロに位置するシンガポールは、一年中蒸し暑く、雨もほぼ毎日降ります。ただ多くの場合、熱帯地方によく見られる午後のにわか雨程度です。

シンガポールのホテル

シンガポールのお勧めホテル

1 Marina Bay Sands

5つ星
4.1 (5点満点) レビュー13件

10 Bayfront Avenue 地図

360度、見渡す限りのパノラマビューを体験するには、シンガポールのマリーナ ベイ サンズ シンガポール ホテル(Marina Bay Sands Singapore Hotel)がいちばんです。地上200メートルのサンズ・スカイ・パークには、庭園、プール、展望台、そしてレストランまであります。またマリーナ ベイ... 詳細

2 Mandarin Orchard Singapore

5つ星
4.5 (5点満点) レビュー4件

333 Orchard Road 地図

マンダリン・オーチャード・シンガポール(Mandarin Orchard Singapore Hotel)は、賑やかなオーチャード・ロードでも、ひときわ目立つ存在です。便利な施設とオリエンタルな魅力に溢れたホテルです。シンガポールの主なみどころには、レストランなどが並ぶ「ロバートソン・キー」や「クラーク・キー」があります。 ... 詳細

3 Swissotel The Stamford, Singapore

5つ星
5.0 (5点満点) レビュー1件

2 Stamford Road 地図

Swissotel The Stamford Singapore は、スイソテルならではのホスピタリティと素晴らしい宿泊設備をシンガポールの中心部で提供してくれます。シティホールやチャイムス、シンガポール美術館、プラナカン博物館など、人気の見どころへお出かけください。 概要Swissotel The Stamford Singapore... 詳細

4 Swissotel Merchant Court, Singapore

5つ星
4.6 (5点満点) レビュー5件

20 Merchant Road 地図

スイスホテル マーチャントコート ホテル シンガポール(Swissotel Merchant Court Hotel Singapore)... 詳細

5 Marina Mandarin Singapore

5つ星
4.6 (5点満点) レビュー8件

6 Raffles Boulevard 地図

マリーナ・マンダリン・シンガポール(Marina Mandarin Singapore)は、マリーナ・ベイや金融街の景色を眺める、市内中心部に位置するホテルです。市内の有名な見どころとして、エスプラネード・コンサートホール、ラッフルズホテル、シティ・ホール、スタンフォード・ラッフルズの銅像があります。 ... 詳細

6 Pan Pacific Singapore

5つ星
3.5 (5点満点) レビュー2件

7 Raffles Boulevard, Marina Square 地図

Pan Pacific Singapore Hotel... 詳細

7 Capella Singapore

5つ星
4.5 (5点満点)

1 The Knolls 地図

カペラ シンガポール ホテル(Capella Singapore Hotel)は、素晴らしい静穏の世界にいざなわれ、美しい環境に溶け込んで素敵なひと時を過ごしていただけるホテルです。 ロケーションセントーサ島の緑の美しい丘に佇むカペラ シンガポール ホテルは、ワン・ディグリー15(One Degree 15)マリーナやセントーサコーヴ(Sentosa... 詳細

8 Conrad Centennial Singapore

5つ星
4.9 (5点満点) レビュー7件

Two Temasek Boulevard 地図

ホテル賞に輝くシンガポールの豪華ホテル、コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Hotel Centennial Singapore)は、レジャー、ビジネス、どちらのお客様にも極上の時間を約束してくれます。シンガポールの新しい見どころ、シンガポール・フライヤーやチャイムズ、マレー・ヘリテージ・センターはホテルから歩いてすぐのところにあります。 ロケーションコンラッド... 詳細

9 Fairmont Singapore

5つ星
4.4 (5点満点)

80 Bras Basah Road 地図

フェアモントホテル シンガポール(Fairmont Hotel Singapore)は、シンガポールの歴史遺産である元修道院の敷地を利用したショップ&ダイニングコンプレックス「チャイムス(CHIJMES)」からすぐのところにある豪華ホテルです。歴史ある西洋建築の市庁舎やシンガポール美術館など、シンガポールの文化・美術に親しめる観光名所へもぜひお出かけください。 ... 詳細

10 Resorts World Sentosa - Hard Rock Hotel Singapore

5つ星
2.0 (5点満点) レビュー1件

8 Sentosa Gateway, Sentosa Island 地図

ゴージャスでスタイリッシュなホテル、リゾートワールド セントーサ ハードロックホテル(Resorts World Sentosa Hard Rock Hotel... 詳細