キャンベラホテル

キャンベラのホテルを検索

キャンベラの魅力

オーストラリアの首都キャンベラというと多くのオーストラリア人は、花火と政治家を思い浮かべるでしょう。夜空を飾る花火と、パーラメント・ハウス(国会議事堂)周辺にいる偉そうな物言いのスーツ姿の議員たちは、キャンベラの名物とでも言ったところ。さて、それだけでキャンベラまでわざわざ行く意味あるのでしょうか?

これまでキャンベラはこれといった魅力に欠ける街でした。長く続くノースボーン・アベニューから、見るからに人の少ないシティセンターまで、それは一目りょう然でした。ところがいまや、オーストラリア国立大学、最高レベルの収入を稼いでいる若くてお洒落なエリートたちのお陰で、キャンベラにもシドニーやメルボルンのようなカフェ文化が芽生え始めたのです。さらに市街周辺に広がる郊外エリア(とくにリネハムやブラッドンといったトレンディな地域)は、独自のカルチャーシーンを発展させています。 For years,

オーストラリアの行政の中心地キャンベラ(実に人口の75%以上が国家公務員)は、一度は立ち寄ってもいい場所です。レストランでゆっくり時間をかけてビジネス・ランチを味わいながら、海外のエリート公務員の優雅な生活を想像してみませんか?

オーストラリアの中枢、キャンベラですが、生活のペースは意外とゆっくりです。草の生えた坂道を登ってマウント・エインズリーの頂上から国会議事堂を一望し、ナショナル・ボタニックガーデン(国立植物園)で草花を楽しみ、ファッショナブルなマヌカでウィンドショッピング。さらにナショナル・ギャラリー・オブ・オーストラリア(国立美術館)、ナショナル・ミュージアム・オブ・オーストラリア(国立博物館)、ワーメモリアル(戦争記念館)など見応えたっぷりの文化施設にも事欠きませんから、キャンベラはどなたの好奇心も充分に満たしてくれるでしょう。

つまりキャンベラは…多少、真面目すぎるところはあるかもしれませんが、それもこの街の魅力のうち。オーストラリアはどこに行っても、広くてのどかなことには、変わりありません。

キャンベラの見どころトップ 10

10. マウント・エインズリーキャンベラに赴任した最初の監督官として知られるジェームズ・エインズリーの遺体が埋葬されているという言い伝えは、事実と異なりますが、エインズリー山からの見晴らしは一見の価値があります。

ナショナル・ギャラリー・オブ・オーストラリア 12万点以上の美術品を収蔵するモダンな美術館。収蔵品のひとつである有名なジャクソン・ポロックの「ブルー・ポールズ」は、70年代のウィットラム政権時代におよそ200万ドルで購入。当時、現代絵画としては最高額として話題になりましたが、今となってはなかなかお買得でした。

9. キャピタル・リージョン・ファーマーズ・マーケットキャンベラの人々は朝早くからこの市場に出かけて地元産の野菜や果物を買い、冷蔵庫をいっぱいにします。まねしてみませんか? 

4. オーストラリアン・ナショナル・ボタニック・ガーデンズ朝霧に包まれた熱帯雨林のなかを歩けば、ちょっと離れたところにある政府オフィスははるか遠くに感じられるでしょう。

8. キャンベラ自然公園30もの保護区からなる公園。ほとんどのキャンベラの住宅は、保護区のいずれかに歩いていける位置にありますから、それと知らずに公園内を散歩しているなんてこともあるでしょう。

3. キャンベラ・ミュージアム&ギャラリー ミュージアムというと、退屈な場所と思うかもしれませんが、ここはちょっと違います。カラフルなビジュアル・アートを展示しています。

7. クエスタコン(国立科学技術センター)「科学を楽しむ」なんてちょっと時代遅れに聞こえるでしょうが、無重力の世界やマグニチュード6.5の地震など、体験型の展示物に思わず夢中になること間違いなし

2. ナショナル・ミュージアム・オブ・オーストラリア2005年、2006年、連続でオーストラリアの観光アトラクションのナンバーワンに選ばれた場所。外観は巨大な遊園地のようです。

6. パーラメント・ハウス総工費およそ11億ドルを費やした議事堂内には4,700もの部屋、巨大な大理石の階段などがあります。ゴージャスな建物。中にいる人々はゴージャスとはいい難いですが。

1. オーストラリアン・ワーメモリアル(戦争記念館) 名も知れぬ兵士たちの墓や、記念碑など…いろいろと考えさせられる場所です。

エリア情報

観光客の観点からいうとキャンベラはかなり不便な街です。観光スポットはあちこちに離れてちらばっているし、地下鉄もなければ、路線バスは運賃が高いうえに本数が少ない。キャンベラに行くならレンタカーで行くか、飛行場でレンタカーを借りることをお勧めします。

シビック

キャンベラの中心部はシビックという、あまり想像力を感じることができない名称です。ビジネスの中心エリアですが、通常の都市にあるような摩天楼もありませんので素通りしても差し支えないでしょう(キャンベラではパーラメント・ハウスの旗ざおより高いビルを建設することは禁止されています。)

がっかりするのはまだ早いです。その代わりにシビックには、 明るいナイトライフと国内最大規模のショッピングモールのキャンベラ・センターがあります。また、ブンダ・ストリートやシティウォークには、ステキなブティックや専門店があります。シビックにはアカデミー・ナイトクラブ( Academy Nightclub)、キングオマレーズ,(King O’Malleys)、ユニパブ(UniPub)といったバーやパブがありますので、ショッピングに疲れたら現地の若き官僚たちに混じって、冷たいドリンクで喉を潤わせてください。

トゥゲラノン(Tuggeranong)

キャンベラの最南端エリアは、2万1千年以上も、先住民のアボリジニの居住地となってきましたが、その間にも都市開発は進められてきました。ハイパードームと名づけられたトゥゲランの大型ショッピングセンターでは、どこにもいるような、ちょっとワルのティーンエンジャーたちがうろついているのを目にするでしょう。

トゥゲラノンは、美しい自然がある地域として知られています。パイン・アイランドや、夏場には水泳やピクニックが楽しめるマランビジー川周辺。テドビンビラ自然保護区では、カンガルーやエミュー、コアラといった動物を近くから見るチャンスもあります。古い農場のトゥゲラノン・ホームステッドは、美しい景色を眺めながら散策が楽しめます。ここでディナーを食べるのも、最高の過ごし方です。

マヌカ

キャンベラのもっともファッショナブルでトレンディーなエリアがマヌカです。すてきなブティックやデザイナーショップがいっぱい。Zucchero で飲むコーヒーは、例えばメルボルンのカフェに負けないほどの美味しさですし、レストラン兼ショップのワイン・アンド・チーズ・プロバイダー(Wine and Cheese Providore )での食事は、五感に極上の悦びをもたらしてくれます。マヌカ・オーバルではフットボールのプロ連盟AFLの試合や、タイミングがよければオーストラリアの代表クリケット・チームと国外からの遠征チームの試合が観戦できるかもしれません。

キングストン

キャンベラでももっとも人口密度の高いエリアです。レストランやバーがあちこちにあり、若々しいエネルギーに満ちたキングストン。ウェストフィールドでの買い物に飽きたら、毎週日曜日に湖の畔で開かれるオールド・バス・デポ・マーケットを試してください。名前は古くさいかもしれませんが、意外な掘り出し物が見つかることもあります。建築に興味がある方は、キングストン旧発電所にあるキャンベラ・グラスワークスにお出かけください。

パークス

バーリーグリフィン湖に囲まれたキャンベラの行政区です。パーラメント・ハウス とオールド・パーラメント・ハウス(旧議事堂)の両方がありますが、どちらがどちらかは一目瞭然なので間違える心配はありません。そのほかにも立派な官公庁舎があります。キャピタルヒルの丘の頂上にある議事堂までは、実際に歩くと予想以上に遠いのでウォーキングシューズを履いていくのが賢明です。

ダイニング・ガイド

ザ・ジンジャー・ルーム(The Ginger Room) 旧議事堂内にあり、かつてはメンバーズ・ラウンジだった店内のインテリアも料理も、息をのむすばらしさ。パークス

パーラー・ワイン・ルーム(Parlor Wine Room) モダンなオーストラリアのテイストで仕上げたスパニッシュ・タパスの数々。おいしいシーフード・マリネと豪華な革張りソファーにうっとり。ニューアクトン 

ウォーターズ・エッジ(Water’s Edge) オーストラリアでもっともエレガントなレストランとして知られきたウォターズ・エッジ。最近はお高く留まった雰囲気がとれて、以前より敷居が低くなったようです。 パークス

キスメット(Kismet)バーの帰りにお腹を満たすもよし、しっかりとディナーするもよしのケバブ。この本格トルコ料理のレストランで、作りたてのケバブにかぶりついて下さい。マヌカ 

チェアマン・アンド・イップ(Chairman and Yip ) 巻貝やナマコ、シャンハイダックのパンケーキでキャンベラの休日にスパイスを効かせましょう。 それなりの値段なので、しっかり味わってください。シビック

マエストラル(Maestral) キャンベラには海はありませんが、このマエストラルでは、クロアチア料理からヒントを得たシーフード料理が食べられます、ウェストン・クリーク

アルト・レストラン(Alto Restaurant) キャンベラのシンボルとも言えるテルストラ・タワーの上にある回転レストラン。アクトン

オバジーン(Aubergine) 洗練されたフランス料理のプレゼンテーションは、マウント・アンズリーの景色の上をいくすばらしさ。店名のオバジーンはナスの意味ですが、理由はよく判りません。 グリフィス

シロベーカリー(Silo Bakery) 賞に輝くベーカリーが焼いたパンで、おいしいキャンベラの朝を迎えてください。キングストン

ラマズ(Rama’s) キャンベラのトップレストランの誉れ高い店。マイルドなバターチキンもいいですが、インド料理の真髄を味わうチャンスです。ピアース

キャンベラのイベント

1月になるとサマーナッツ・カーフェスティバルが始まり、開催中の4日間はキャンベラが興奮で包まれます。改造車やスポーツカーの展示や走行レースなど、この時ばかりは普段上品なキャンベラもワイルドに変身です。

キャンベラの人々にとって復活祭が待ち遠しいのは、チョコレートだけが理由ではありません。 この時期に開催されるナショナル・フォーク・フェスティバルでは、様々な料理やマーケット、音楽も楽しめます。

アンザックデー・コンサートは、音楽と歌と言葉と映画で、戦没者に敬意を示すイベントです。

テレビでメルボルンカップを観るのもいいですが、この日のサラブレッド・パークは、 一年でももっとも盛り上がります。地元の人々もこの競馬場に集まって、レースを観戦します。

冬の到来を告げる アンターティカ・ミュージック・フェスティバルは6月のイベントです。

7月のキャンベラは、屋外スケートリンクのスケート・イン・シティで、寒さを吹き飛ばします。

春はキャンベラがもっともカラフルに華やぐ季節。キャンベラの人々は色とりどりに咲き乱れる無数の花々を見るために、フロリアーデの会場を訪れます。

フロリアーデ・ナイトフェスティバル に行けば、お年寄りも花壇の世話ばかりが人生の楽しみでないことに気が付くでしょう。

11月11日の リメンバランス・デイ(英霊記念日)には、オーストラリアン・ワーメモリアル(戦争記念館)に立ち寄りましょう。

11月、 ワイン・ローゼズ&オールザット・ジャズが始まると、地元ワイナリーはすばらしいワインとジャズで来客を誘います。

旅のベストシーズン

キャンベラは通年、湿気が低く、四季の区別がはっきりとしています。

冬季にオーストラリアの北部からキャンベラに行くと、かなり冷え込んだ感じがするでしょう。冬は氷点下になることも。

春と秋はやはり旅行のベストシーズンです。気温は10~23℃程度。紅葉も見ものです。

夏のキャンベラは40℃以上になることもあり、暑さが厳しいです。

ホテルルクラブでは、お勧めのキャンベラのホテルをご紹介しています。

旅の注意点

高いところから見るキャンベラの景色はなかなかなもの。テルストラ・タワーよりマウント・エインズリーからの眺望がお勧めです。

ストリップや風俗店は、あまりロマンチックとは言えませんが、興味があるならどうぞ。

コッキントングリーンはミニチュア・ハウスが並ぶテーマパークですが、よほど背の低い人でない限りあまり楽しい場所ではありません。

キャンベラを巡るには

都市計画された街というのは、興味深いものではありませんが、運転がし易いことは確かです。

貸し自転車や遊歩道を利用しない手はありません。美しい湖畔の小道を歩いたり自転車で走ったりするのはとても気持ちよいもの。キャンベラは自転車専用のレーンがきちんと整備されています。

ACTIONバスはキャンベラのほぼ全域を運行しています。ただし中心エリアから外に出たい場合はレンタカーがお勧め(自家用車でない場合ですが)。

ホテルクラブのブログ

インフォメーション

オーストラリアの首都キャンベラは、オーストラリアの他の都市の影に隠れて、長い間あまり目立たない存在となってきたかもしれません。しかしキャンベラにも、興味深い観光スポットがいくつかあります。例を挙げると、オーストラリアの政治の中枢であるキャンベラには、オーストラリア国立博物館や国立美術館をはじめとする文化施設が数多くあります。バーリー・グリフィン湖からも見える新旧の旧国会議事堂は、押しも押されもせぬキャンベラのトレードマークです。ナショナル・ローズ・ガーデンから国立科学技術センターまでのほとんどの主要アトラクションはパーラメント・トライアングルと呼ばれる地域にあります。洗練された都市開発の成果であるトライアングル一帯は、散歩に格好の美しい風景を呈し、世界の主要都市の街並みを思い出させます。キャンベラでももっともトレンディーなレストランやカフェ、バーがこのエリア内または付近にあります。

みどころ

  • 国会議事堂(Parliament House)
  • オーストラリア国立博物館(National Museum of Australia)
  • オーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia)
  • オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial)
  • ブラック・マウンテン・タワー(Black Mountain Tower)

イベント

  • セレブレート・キャンベラ(Celebrate Canberra)
  • ワイン・ハーベスト・フェスティバル(Wine Harvest Festival)
  • フロリアード・キャンベラ(Floriade Canberra)
  • 多文化フェスティバル(National Multicultural Festival)
  • キャンベラ・ラリー(Rally of Canberra)

レストラン

  • Courgette
  • The Tryst
  • Milk and Honey
  • Aubergine
  • Anise

ナイトライフ

  • Wig & Pen
  • Casino Canberra
  • Phoenix
  • Moosehead's
  • King O'Malleys
    • 気候

      海岸沿いにあるのオーストラリアの他の都市と異なり内陸部にあるキャンベラは、概して気温が低く、四季の区別がはっきりしています。

      • 冬 (6~8月) 0-13°C
      • 春 (9~10月) 1-16°C
      • 夏 (11~3月) 9-28°C
      • 秋(4~5月) 3-20°C

キャンベラのホテル

キャンベラのお勧めホテル

1 Clifton Suites on Northbourne

4つ星
4.3 (5点満点)

100 Northbourne Avenue 地図

'Clifton Suites on Northbourne は、レストランなどの設備が整った4つ星ホテルです。 ランドリーサービスとバー/ラウンジなどの設備・サービスもご利用いただけます。 ロケーション Canberra のClifton Suites on Northbourne は、オーストラリア国立博物館とテルストラ・タワーの近くに位置しています。 詳細

2 Mantra On Northbourne Canberra

4つ星
4.3 (5点満点)

84 Northbourne Avenue 地図

Saville Park Suites Canberraは、アパートメントスタイルのお部屋と4スタークラスの便利な設備が整ったホテルです。 ... 詳細

3 ARIA Hotel Canberra

4つ星
4.1 (5点満点)

45 Dooring Street 地図

ARIA Hotel Canberraは、4つ星ホテルで、ランドリーサービスをはじめとする設備・サービスをご提供しています。 出張・ビジネスのお客様には、 ビジネスセンターなどをご活用いただけます。 ロケーション ARIA Hotel Canberra は、Canberraの 4つ星ホテルで、National Museum of Australia、Telstra... 詳細

4 ブレイクフリー キャピタル タワー キャンベラ

4つ星
4.0 (5点満点)

2 Marcus Clarke Street 地図

Pacific International Apartments Capital Tower Canberraは、湖と山の素晴らしい眺めが自慢のホテルです。ビジネスや観光で、オーストラリアの首都、キャンベラにご滞在のお客様にお勧めです。 ... 詳細

5 Medina Serviced Apartments Canberra, James Court (Formerly Adina James Court)

3つ星
4.0 (5点満点) レビュー1件

74 Northbourne Avenue 地図

スタイリッシュなアパートメントホテルMedina Serviced Apartments Canberra James... 詳細

6 QT Canberra

4つ星
4.0 (5点満点)

LONDON CIRCUIT 地図

QT Canberra は、ビジネス、観光どちらのお客様にもおすすめのホテルです。シックでモダンなホテルなこのホテルは、キャンベラ中心部にあります。キャンベラには、大人も子供も楽しく学べる国立科学技術センタークエスタコンや、オーストラリア戦争記念館、国立美術館など多くの施設があります。オーストラリア国立植物園を散策するのもいいでしょう。 概要QT... 詳細

7 キャンベラ レックス ホテル

3つ星
3.8 (5点満点)

150 Northbourne Avenue 地図

キャンベラ レックス ホテル(Canberra Rex Hotel)は、最新設備の利便性と古き良き時代の魅力が合わさったキャンベラのアイコン的存在のホテルです。オーストラリアの首都キャンベラの観光、またはビジネスでのご利用にぴったりです。 ... 詳細

8 Peppers Gallery Hotel

4つ星
4.5 (5点満点)

15 EDINBURGH AVENUE 地図

Canberraにある当 4つ星ホテルでは、スパとゲスト用ランドリーをはじめとするアメニティをご用意して、お客様をお迎えしています。 ホテル内に、バー/ラウンジとレストランもございます。 ご宿泊の際には、24時間ルームサービスがご利用いただけます。 ロケーション Peppers Gallery Hotel は、Canberraの... 詳細

9 Crowne Plaza CANBERRA

4つ星
4.3 (5点満点)

1 Binara Street 地図

キャンべラ、活気に満ちたオーストラリアの首都、に位置し、Crowne Plaza Canberra は、都市の、CBDのざわついた中心、静かなグリーブ公園の間に理想的に位置しています。 Crowne Plaza Canberra... 詳細

10 Mercure Canberra

4つ星
4.2 (5点満点)

Corner of Ainslie 地図

All Seasons Olims Hotel Canberra は、ナショナル・トラストにより歴史的建築物に指定されたキャンベラ市内で最も有名なホテルのひとつです。歴史を感じさせる雰囲気で、快適性と利便性も備えています。 ... 詳細