マンチェスターホテル

マンチェスターのホテルを検索

革新は止まらない-マンチェスター

何かにつけてロンドンが世界の関心を集めるのは、当然のことです。が、革新という点ではロンドンはすでに行き着くところまで行ってしまったという印象もあります。一方マンチェスターは、これまでも、そしてこれからもずっと走り続けています。やがて文化・経済両面において他を凌駕する国際都市になることは間違いありません。かのBBCが運営部門のかなりの部分をロンドンからマンチェスターに移転してしまったことを考えると、この街が常に新たな頂点を制覇し続けていることは、明らかです。

これまでマンチェスターから、後に世界を変えることになった革新がいくつも生まれました。産業革命、世界初のコンピュータ、電波天文学…ジョイ・ディビジョンやオアシスといった人気ロックバンドもマンチェスター出身。こうしたものすべてが、マンチェスターの世界的重要性を裏付けています。

この10年でマンチェスターは工業都市というイメージを脱ぎ捨て、ちょっとした華やかさを身に着けました。サッカーさえバックベンチに後退し、活発なアート&カルチャーや、話題の店が続々オープンするダイニングシーンが衆目を集めています(といっても熱狂的なサッカーファンは、オールド・トラッフォード・スタジアムシティ・オブ・マンチェスター・スタジアム 抜きでマンチェスターは語れないと反論するでしょう)。

マンチェスター市立美術館には、ラファエル前派から現代画家にいたるまでの膨大なアート・コレクションが収蔵されています。けれどマンチェスターが保有する真に貴重な美術品は、比較的知名度の低い美術館に展示されているという事実をご存知でしょうか。マンチェスター大学付属のウィットワース美術館には一見の価値ある歴史的絵画や、斬新ですばらしいウォールペパー(壁紙)コレクションがあります。ギャラリー・オブ・イングリッシュ・コスチュームにはイギリス有数の舞台衣装や映画の衣装が展示されています。

マンチェスターの中心、アルバート・スクエアに立ちマンチェスター独特の空気を吸い込めば、この街がもつ本当の素顔が見えてくるでしょう。不当に軽視されている都市マンチェスター。降りしきる雨のなかでさえその輝きを際立たせているのにもかかわらず……

マンチェスターの見どころトップ10

10.. タウンホール(市庁舎) イギリスにおけるビクトリア朝様式の建造物の好例。マンチェスターのシンボルであり、究極の影響力と経済力を象徴しています。

5. 科学産業博物館(MOSI) 産業革命とそれに続く技術の進化をテーマにした、インタラクティブな展示品が楽しめる歴史ある博物館です。

9.. マンチェスター大聖堂 イングランド北部における中世木造建築の最高峰。美しい聖堂のなかで、ただ静かに過ごす時間を経験してください。

4. ロイヤル・エクスチェンジ・シアター かつては世界最大面積の取引所でしたが、現在は劇場となっています。

8. インペリアル・ワー・ミュージアム・ノース(帝国戦争博物館北) 20世紀における戦争の歴史をテーマにした博物館です。戦争の際に使用された銃器や兵法、そして戦争の犠牲者たちについての資料が展示されています。

3. ラウリーセンター チタンとアルミニウムが部分的に使われた、モダン建築、ラウリー・アートギャラリー、シアター&エンターテーメント・コンプレックスではマンチェスターの先鋭クリエイターの作品が鑑賞できます。

7. クラフト&デザインセンター 歴史あるビクトリア朝様式の建物。クラフトやデザインのワークショップを開催している他、ギフトショップや地元で作られた陶磁器のショップなどもあります。

2. マンチェスター市立博物館 傑出した美術品コレクションのほか、フルサイズのティラノザウルスの骨やエジプトのミイラなどが収蔵されています。

6. アーバン・ヘリテージ・パーク 元々はローマ時代の要塞があった場所でしたが、次には世界最古の鉄道駅となり、さらには世界初の産業用水路が引かれた場所となりました。

1. ジョン・ライランズ・ライブラリー ビクトリア朝後期につくられたゴシック建築の傑作として、さらに世界でもっともすばらしい写本や手書き原稿のコレクション――世界最古の『新約聖書』の断片、『グーテンベルグ42行聖書』、シェークスピアのソネットが含まれています――を収める図書館として知られています。

マンチェスターの歴史

  • マンチェスター市庁舎-1877年築。内部にはフォード・マドックス・ブラウンによる、市の歴史をテーマとする壁画があります。
  • マンチェスター大聖堂 – ステンドグラスの窓が美しい中世の傑作建築。
  • セントラル・ライブラリー(中央図書館)– ローマのパンテオンから影響をうけたネオクラシック建築。
  • チータム音楽学校 – 市最古の建物でありながら、今も完璧なまでの姿で保存されています。
  • ヒートン・ホール – 美しい公園のなかには、17世紀建造の歴史あるウィルトン伯爵の屋敷があります。

マンチェスターのアート&カルチャー Manchester Art & Culture

  • ラウリー博物館–世界的に有名なマンチェスター出身の画家LSラウリーの作品が鑑賞できます。
  • ウィットワース美術館 – ファンが多いイギリス水彩画のコレクションを収蔵しています
  • コーナーハウス– 映画とビジュアルアートを扱う文化施設。大型スクリーンで、実験的でコンテンポラリーな映像作品を鑑賞してください。ショップではモダンアート&カルチャーに関する書籍が購入できます。
  • ザ・プリントワークス– マンチェスターでトップクラスのダイニング&エンターテーメント・コンプレックス。
  • ロイヤル・エクスチェンジ– イギリスでももっとも人気があってメジャーなミュージカルや演劇を体験してください。

マンチェスターのエリア情報

イーストセントラル

チャイナタウンやゲイビレッジ、ピカデリーガーデンズがあるイースト・セントラルは、マンチェスターでももっとも多様性に富んだ地区であることには、間違いありません。チャイニーズ・アートセンター では、中国系移民2世たちが自分たちの独自性を投影した見事なアート作品を目にすることができます。チャイナタウンの入り口に立つ中華門は1987年に中国から寄贈されたもので、精緻なつくりや工芸技術の巧みはヨーロッパの他の都市でも例が見られないすばらしさです。またウィットワース・ガーデンズでは毎年、エイズで亡くなった人々を追悼する式典、「ビーコン・オブ・ホープ(希望の光)」が開催されています。

ノーザンクオーター

一昔前はマンチェスターの工業地帯でしたが、近年ではきれいに整備され、文化的エリアとなりました。ノースクオーターにはオペラハウスeや、図書館、美術館、そして市街ビルの陰にひっそりとたたずむ18世紀建造のセント・メアリー教会をはじめとするいくつかの教会があります。この地区でもっとも顕著な建物といえば、巨大なガラスのビルアービスセンター。コンベンション・センター兼、博物館となっています。

サウスマンチェスター

サウスマンチェスターは市でももっとも多様性に富んだエリアで、市最大のユダヤ人街があります。また音楽活動が盛んなことと、マンチェスター・ユナイテッドのホームグラウンドがある所としても知られています。マンチェスター・ユナイテッドの試合がある日には、オールド・トラフォードは、地元の発電所など太刀打ちできないほどの大きなエネルギーを発散します。

マンチェスターに行ったら、是非ともモスサイドというアフリカと西インド出身者が多くすむ地域を訪ねて、エスニック料理を味わってみてください。ただし夜は暴力沙汰が多いことでも知られるエリアですから、遅い時間には足を踏み入れないように。ラッショームも、中東料理やアジア料理のレストランが多いので、食の冒険家にはお勧めです

ウェストセントラル

ウェストセントラルはマンチェスターでも特に古い建物が残る地区で、最初に入植した古代ローマ人の遺跡も残っています。セント・ジョンズ・ガーデンズはこの地区の中心であり、申し分なくマンチェスターでもっとも美しい公園。バードウォッチングや人間観察にもってこいの場所です。ローマンフォート(ローマの砦)は、4ヶ所あった古代ローマ人の入植地の跡をとどめる唯一の場所となっています。現在では朽ちかけた穀物庫が残るのみです。話は変わって、クラシック音楽が聴きたい気分になったらブリッジウォーターホール に向かいましょう。オーケストラや壁一面を覆う5500本のパイプによるパイプオルガンの演奏が楽しめます。

サルフォード

グレーター・マンチェスターにあるマンチェスター近郊の都市、サルフォード には、桟橋がショッピング&アート・エリアとして新開発されたサルフォードキー、そしてラウリー・アートギャラリーがあります。またサルフォードのすぐ近くにウォークデンという村がありますが、ブティックを見に行くだけでも行くべきです。

マンチェスターのダイニング・シーン

Michael Caines at ABode 過去2年、マンチェスターのベスト・レストランの栄誉に輝いたミシュラン2星レストラン。様々な料理が少しずつ食べられるグレージング・メニュー、テースティング・メニュー、そしてアラカルトメニューを提供しています。お好みの食べ方で最高の料理が味わえる店。市内中心部。

The French 100年以上、順調に営業を続けているレストランThe Frenchでは、食事だけでなく過去への時間旅行も楽しめます。ヘッドシェフを務めるポール・バックレイ氏は、フランスの伝統料理にイギリス的タッチを加えることによりフランスとイギリスという二つの異なる国を結び付ける努力をしています。市内中心部。

Moss Nook マンチェスターでもっとも美しい食のプレゼンテーションが体験できる店といえば、ここ。すべて地元で採れた食材を使ったイギリス仕立てのフレンチをご賞味ください。マンチェスター空港 (ここまでの料理が食べられる空港が他にありますか?)

Room ニューヨークからやって来てマンチェスタのど真ん中に直撃した、超モダンなレストラン兼カクテルラウンジ。薄暗い照明にキャンドル・ライトが揺らめくディナータイムは、特にロマンチック。市内中心部。

Lammars このゲイ・バーがあるのは、昔は繊維工場だったベースメント・コンプレックスで、有名なゲイ・サウナ、ベースメント・サウナも同じ建物に入っています。Lammarsは、 マンチェスターの伝説的ドラッグクイーン、故フランク・フーフー・ラマー(Frank ‘Foo Foo’ Lammar)に追悼を捧げるバーです。一歩中に入ったら、“過激”という言葉が真っ先に頭に浮かぶでしょう。ディープで超ゴージャスなラウンジ、ギラギラの置物など、このバーで過ごす時間は一生の思い出になるでしょう(酔いつぶれて記憶を失くさない限りは)。ノーザンクオーター。

The Britons Protection 1806年開業の由緒あるパブ。イギリスでもこれほどウィスキーの種類が豊富なバーはそうそうありません。全200種を超えるウィスキーから、お好みや懐具合に合わせて選べます。市内中心部。

Odd Bar ボヘミアン的雰囲気が魅力のバー。豪華なパープルとイエローのインテリアの店内は、キャドバリーのチョコレートバー“クランチー”を思い出させます。すばらしいカクテルのセレクションとおいしいバー・メニューのあるこの店はその名の通りちょっと変わった雰囲気がしますが、フレンドリーで気取ったところがないのでお勧めです。市内中心部。

Apotheca 昔の薬局の棚に囲まれた店内には、円形のバーがあり、バーマンたちはまるで機械のなかのレバーのよう。Apotheca は特異な場を提供してくれます。酔いに任せてれば、場に馴染むことも簡単です。ノーザンクオーター 

マンチェスターのイベント

The マンチェスター・アイリッシュ・フェスティバル は3月の聖パトリックの日のお祭りです。海を越えてマンチェスターに伝えられたアイルランドの文化に親しむよい機会になるでしょう。

ライブ音楽と様々な見世物やイベントがマンチェスターをにぎわすヨーロッパ・フェスティバルは、5月から6月にかけての楽しみです。

5月に旅行するならグレートマンチェスター・ファンランに参加しては?およそ6マイルのコースは、マンチェスターのおおよその観光名所を網羅しています。だからといって、レース中は立ち止まらないでくださいね。

イギリス人のお得意の派手なショーといえば、7月のロード・メイヤーのパレード。この昔ながらの伝統行事は、マンチェスター市民にとってお祭り騒ぎに興じるよい口実となっています。様々な屋外エンターテーメントが開催され、野外マーケットが立ち、特設会場もできるのですから、楽しくないわけありません。

7月の最後が近づくとサマー・ミュージカル・マッドネスが、アシュトン・アンダー・ライン を席捲します。パフォーマンスやワークショップ、コンサートなど盛りだくさん。

7月の終わりのもうひとつのイベントが英国王立園芸協会のフラワーショウ。毎年、 タットンパークで開催されます。有名なチェルシー・フラワーショウに次ぐ規模であることもあり、開催中は多くのメディアが取材に詰めかけます。

マンチェスター・プライド は8月のマンチェスターを盛り上げるゲイの祭典。15万人を超える参加者たちが、レザーをはじめとする華やかなコスチュームに身を包んでマンチェスターに集まります。

9月半ばの音楽イベント、プロムス・イン・ザ・パークは、ロンドンのプロムスの最終夜さえ、見劣りするほどのすばらしさ。世界でもトップクラスのクラシック奏者たちの演奏が、ロンドンのような大観衆なしで(少なくともより少ない数の観衆とともに)楽しめるのです。

イギリス中の他の都市と同様、マンチェスターでも 11月の終わりのクリスマスライツ・スイッチ・オンで、クリスマスの電光が輝きだします。セレブリティを迎えてのイベント。2009年には、X ファクター (イギリスの人気オーディション番組)で一躍スターになったアレキサンドラ・バークが出演しました。

旅のベスト・シーズン

マンチェスターの天気が変わりやすいことは周知の事実です。よっていつ行くにしても、それなりの準備が必要ですが、やはり春が一番いいかも…。ただし保証の限りではありません!

気をつけましょう

キャナル・ストリート

客室
その名が示す通り、かつては美しい運河がありましたが、今では埋め立てられてしまいました。多くの旅行者たちが、名前にだまされて水辺の散歩道を期待してここに来るのですが、残念ながらそこにはただのつまらない通りがあるだけです。

バックランド・モール 最先端というふれ込みですが、実際はごく普通のどこにでもあるようなショッピングモールです。多大な期待は禁物。

モスサイド ここは治安が悪いことで有名な場所です。ギャング同士の拳銃の闘争や強盗は、ここでは珍しくありません。日中の明るいうちは大丈夫でしょうが、暗くなったら近づかないほうが安全です。

交通案内

高速道路のM62がマンチェスターを通っています。車以外でしたら、鉄道、飛行機でマンチェスターに行くことができます。市内の移動は、車を使わないのであれば(賢明です。どこの都市でも駐車場の問題がありますから)、路面電車がいちばんのお勧めです。朝の間はあまり安全とは言えないので、なるべく避けたほうがいいですが、だからといってさほど心配するほどのこともありません。

郊外に出かける際など、長距離の移動ならバスが最善です。

レンタル自転車もマンチェスターでは、便利な乗り物です。自転車専用車線があり、快適に市内観光が楽しめます。

ホテルクラブのブログ

マンチェスターで地元っ子のように暮らす方法

マンチェスターのホテル ベスト5

マンチェスターの5大観光アトラクション

マンチェスターでクリスマス・ショッピング

グルメにお勧めのホテル トップ10

ベストUKホテル

インフォメーション

産業革命発祥の地として知られるマンチェスター。ロンドンに次ぎ英国第二の経済規模を誇ります。工業都市として発展してきた背景から、労働者階級の街というイメージが強いマンチェスターですが、観光都市としても急成長しています。産業革命時に整備された運河、製粉所、倉庫街などが今も残るマンチェスター。芸術や文化的な洗練も加わり、深みのある魅力的な都市へと変貌を遂げています。

経済、不動産市場の拡大で、近年のマンチェスターは潤っています。新しいマンチェスターを目指した都市計画により、新ビジネスチャンスや雇用の機会がもたらされ、コスモポリタンな街への基盤が整備されました。 

マンチェスターは、海外からの観光客を惹きつけるより楽しく魅力的な都市へと前進しています。ロンドンに集中しがちだった観光客の流れを、北へ向けようする試みは成功しているようです。

みどころ

マンチェスターといえば、サッカーのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)がすぐに頭に浮かぶ人も多いでしょう。マンチェスター・ユナイテッドのホーム・スタジアム、オールド・トラッフォード(Old Trafford)は、マンチェスターを世界に知らしめる親善大使といってもよい所。赤い悪魔とも呼ばれるマンチェスター・ユナイテッドがグラウンドに立つと、7万6千人の観客の声援が、スタジアム全体に轟きます。

マンチェスター市そのものの人口はほんの50万人足らずにすぎませんが、周辺地域を含むグレーター・マンチェスターの人口は400万人にもなる大規模経済圏です。マンチェスターのナイトシーンはいつも活発です。伝説に残る映画、テレビ、ポップカルチャーの多くがこのマンチェスターで生まれてきました。ゲイ・コミュニティの活動も盛んで、クラブシーンにも影響を与えています。

かつては世界的に有名な綿織物工業の中心としてその名を知らしめたマンチェスター。当時の工場は、今やお洒落な赤レンガの建物として観光の目玉になっています。マンチェスターの文化遺産を巡るシティツアーでは、歴史的建造物だけではなく、斬新なデザインが目を惹くビーサム・タワー(Beetham Tower)、2002年のコモンウェルス・ゲームズ(Commonwealth Games)の際に建てられた建物など、近代建築の素晴らしい作品も見ることができます。

マンチェスター中心部にある緑の空間、ピカデリー・ガーデン(Piccadilly Gardens)。最近、生まれ変わったこのガーデンは、ランドマークやモニュメントが多くある、市民憩いの場です。

アルバート・スクエア(Albert Square)は、19世紀のモニュメントが残る歴史ある美しい広場で、マンチェスターの歴史、文化を伝える重要な場所です。

アルバート・スクエアからすぐ近く、高い塔が目立つマンチェスター市庁舎(Manchester Town Hall)は、ヴィクトリアン・ゴシック様式の建物です。細部のつくりにも注意を払って、つぶさに見学してください。

イベント

プレミアリーグのシーズンなら、まずオールド・トラッフォード、そしてシティ・オブ・マンチェスター・スタジアム(City of Manchester Stadium)の2つのスタジアムで、熱気に包まれた本場のサッカー試合の興奮を味わいましょう。

マンチェスターは音楽シーンでも世界的に知られる都市。ジョイ・ディヴィジョン(Joy Division)、ザ・スミス(The Smiths)、オアシス(Oasis)、ストーンローゼズ(Stone Roses)など、マンチェスターが生んだバンドはたくさんあります。巨大なマンチェスターアレーナ(Manchester Arena)から、マンチェスター・アポロ(Manchester Apollo)、アカデミー1(Academy 1)、オペラハウス(Opera House)まで、様々なタイプの会場も揃っており、ミュージシャンを生み出す土壌がここにはあります。マンチェスターは、ロックバンド以外の音楽シーンも盛んです。イギリスでもっとも伝統あるオーケストラとされるハレ管弦楽団(The Hallé Orchestra)やBBCフィルハーモニー・オーケストラ(BBC Philarmonic Orchestra)が、年間を通じて世界に誇るクラシックの演奏会を行っています。

お祭り好きの人に、マンチェスターはきっと合っています。世界中からミュージシャンが集まる音楽祭が色々と催されています。また毎年10月には、フード&ドリンクフェスティバル(The Food and Drink festival)が開かれ、マンチェスターのレストラン・シーンが一層賑わいます。同時期には、マンチェスター文学祭(Manchester Literature Festival)も開かれ、食欲の秋、読書の秋の両方を満喫できます。

気候

穏やかな海洋性気候のマンチェスターは、年間を通じて安定した気候で、英国の平均降雨量を下回ります。

  • 冬 (11月から2月) 1-9°C
  • 春 (3月から5月) 2.5-15°C
  • 夏 (6月から8月) 10-20°C
  • 秋 (9月から10月) 7.5-17°C

マンチェスターのホテル

マンチェスターのお勧めホテル

1 MAX @ Manchester Piccadilly Serviced Apartments

4つ星
3.6 (5点満点)

Dale Street 地図

Whether in Manchester for business or leisure, travellers find ideal base in the stylish accommodations of centrally located Max At Manchester Piccadilly Serviced Apartments. From this chic hotel,... 詳細

2 Gardens Hotel

3つ星
4.0 (5点満点) レビュー1件

55 Piccadilly 地図

当ホテルはPiccadilly駅から徒歩でわずかの距離にあり、マンチェスターのショッピング街はすぐ近くです。客室には家具が付いていて、衛星テレビ、電話、紅茶やコーヒーのセットなど、その他にも数々の設備が揃っています。設備が揃っているカンファレンスルームもご利用いただけます。 ロケーション空港まで:15 km 駅まで:1 km 市内まで:1 km ... 詳細

3 Mercure Manchester Piccadilly Hotel

3つ星
4.2 (5点満点)

Portland Street 地図

Jarvis Piccadilly Hotel は、素晴らしい設備、快適な客室、卓越したサービスを提供しているホテルです。思い出に残る素晴らしい休暇をお過ごしいただけるでしょう。 ... 詳細

4 Sachas Spa Hotel Manchester City Centre

3つ星
4.0 (5点満点) レビュー1件

Tib Street 地図

Britannia Sachas Hotel Manchesterは、温かくフレンドリーな雰囲気の中で、皆様のお越しをお待ちしています。マンチェスターの探訪の拠点として最適のホテルです。 ... 詳細

5 Britannia Country House Spa Hotel South Manchester

3つ星
2.8 (5点満点)

Palatine Road 地図

ロケーションマンチェスタァー空港より車で15分、マンチェスタァー市内より25分に位置する。??????8?? ?????(manchester)???8?? ????(manchester piccadilly)???8??? ?????(g-mex)???8 ??? ??????8?? ?????(manchester)???8?? ????(manchester... 詳細

6 Stay Inn Hotel Manchester

3つ星
3.9 (5点満点)

55 Blackfriars Road 地図

Stay Inn Hotel Manchesterは、マンチェスター中心部から5分ほどのところにあり、マンチェスター・アリーナやG-Mexにも近接しています。モダンで素敵にまとめられた当ホテルは、全65室で、すべて専用バスルーム付きです。 ロケーションマンチェスター空港まで : 車で20分 その他Stay Inn Hotel... 詳細

7 Thistle Manchester City Centre, The Portland

4つ星
3.9 (5点満点)

3-5 Portland Street 地図

Thistle Hotel Manchesterは、上質の設備が整った快適なホテルです。マンチェスターでの観光、ショッピングに最適です。 ロケーションThistle Hotel は、マンチェスターの市の中心部、ピカデリー・ガーデンを見渡す位置にあり、ショッピングエリアや金融街から徒歩5分でアクセスできます。ラウリー・センター(Lowry... 詳細

8 Pendulum Hotel

3つ星
3.7 (5点満点)

Weston Bldg, Sackville Street 地図

Days Hotel Manchester Cityは、マンチェスター市でのご滞在にお勧めのホテルです。温かいおもてなしと明るい雰囲気、便利な設備も整い、皆様の思い出に残るご滞在をサポートいたします。 ロケーションマンチェスター・ピカデリー駅や市街中心部から徒歩わずか数分のところに位置する当ホテルは、マンチェスター国際空港から車で20分です。同市の見どころには、GMEX... 詳細

9 ABode Manchester

4つ星
4.5 (5点満点)

107 Piccadilly. 地図

Housed in a historic Victorian structure, Abode Manchester Hotel boasts of inviting and elegant surroundings, comfortable accommodations and personalised service. This Manchester hotel makes for an... 詳細

10 Radisson Blu Edwardian Hotel, Manchester

5つ星
4.7 (5点満点)

Free Trade Hall 地図

当ホテルは市内中心にあり、正面にはGMEXやインターナショナルコンベンションセンターやブリッジウォーターホールがあります。近くにはSelfridgesやHarvey NicholsやManchester Museum of Science and Industryがあります。当ホテルはかの有名なFree Trade... 詳細